18
October , 2017
Wednesday


ちょいワル火遊び馬券【新潟2歳S】【キーンランドC】

2016年8月26日(金)02時30分更新
Pocket

新潟2歳S(8月28日・新潟11R)

ヴゼットジョリーの好位差し

頭数は揃ったが今年は傑出馬不在の大混戦。敢えて◎を打ったヴゼットジョリーにしても前走が中京の1400m戦で新潟のマイルは未知数という不確定要素がある。ただ有力騎手のほとんどが札幌に集結している中で福永祐一騎乗は大きなアドバンテージ。中団からの早め抜け出しで後続の追い込みを封じきるとみる。対抗○は福島の小回りで追い込みを決めたオーバースペック。このレースの勝ち馬の多くが上り3F最速を記録しており、イメージとしてはこの馬が一番近い。新種牡馬ルーラーシップ産駒のイブキに単穴▲。ブラックスピネルの下にあたるモーヴサファイアに特注★。以下△印が押さえだが何に走られても不思議ない。

◎ヴゼットジョリー

○オーバースペック

▲イブキ

★モーヴサファイア

△キャスパリーグ

△サンライズソア

△マイネルバールマン

△アビールバイオ

 

キーンランドC(8月28日・札幌11R)

スピード上位シュウジ◎

今季の函館SSに出走していた馬が8頭。優勝したソルヴェイグをはじめ②~⑦着と⑪着馬だが

タイム差は⑪着のファントムロードでさえ0秒6。展開次第で着順はガラリと入れ替わって不思議ない。本命◎は当時②着だったシュウジ。やはり血統的にもマイルよりスプリント向きで、今回はモレイラが持ち味のスピードを最大限に引き出す。対抗○に札幌巧者エポワス。すでに8歳馬だが洋芝適性はメンバー屈指、UHB杯を叩いてさらに上昇となれば首位台頭も。札幌がより合いそうなレッツゴードンキがようやく復調気配にあり単穴▲。ソルヴェイグは今回はマークされる立場で展開がきつくなりそう。★印に止めた。以下△印が押さえ。

◎シュウジ

○エポワス

▲レッツゴードンキ

★ソルヴェイグ

△アクティブミノル

△オデュッセウス

△サトノルパン

△ブランボヌール