24
November , 2017
Friday


クリス・ブラウン容疑者による銃脅迫事件の被害者とされる女性に仰天過去

2016年9月1日(木)02時19分更新
Pocket

つかの間の「ミス・カリフォルニア」だったベイリー(@bayleecurran/instagram)

つかの間の「ミス・カリフォルニア」だったベイリー(@bayleecurran/instagram)

 米歌手クリス・ブラウン(27)の逮捕をめぐる事件で予想外の仰天展開だ。ブラウン容疑者が銃を突きつけ、脅されたとされる女性は、今年度のミス・カリフォルニアに輝いたものの、素行の悪さや、ヌードグラビアの過去が発覚したことで、女王の座を剥奪されていたことが分かった。

 米芸能サイト「TMZ」によると、女性は自称“女優”のベイリー・クーラン(25)。ミスに選出されてすぐ、何者かがミスコン主催者にベイリーがモデルをしたとされるヌード写真を送りつけた。主催者側はベイリーに問いただしたが、その際本人は人違いだと完全否定していた。

 その後、ミス・カリフォルニアとして出席が義務付けられているイベントに度々、無断欠席。選出から約2か月後、素行の悪さに加え、ヌードモデルだった事実も判明したことで、主催者側はタイトル剥奪を決定した。米芸能誌「ピープル」によると、ベイリーはいまだに女王のクラウンを返還していない

 同誌はまた、3年前にニューヨークで友人が起こした窃盗事件に絡み、任意の事情聴取を求められたが、州外に逃走していたと報じた。

 それによると、ベイリーは2013年、女友達2人と同市にあるホテル「ニューヨーク・シティ・プラザ」に宿泊した。ところが、友人2人が口論になり、そのうちの1人と一緒にホテルを出た。その際、友人は、けんか相手の財布を持ち逃げ。中には現金約1000ドル(約10万円)と多数のクレジットカードが入っていた。

 ニューヨーク市警は窃盗事件として捜査を着手し、ベイリーに事情聴取に応じるよう求めていた。

 一方、ベイリーを銃で脅迫したとされるブラウン容疑者は、保釈金25万ドル(約2500万円)を支払い、すでに保釈されている。