27
June , 2017
Tuesday


80年代の米スーパーモデル、シンディ・クロフォードの娘 映画デビュー

2016年9月6日(火)04時43分更新

すでにトップモデルとして活躍中のカイア(@kaiagerber/instagram)

すでにトップモデルとして活躍中のカイア(@kaiagerber/instagram)

 1980年代に米スーパーモデルとして一世を風靡したシンディ・クロフォード(50)の娘でモデルのカイア・ガーバー(15)がこのほど、女優デビューを果たした。母親の若い頃を彷彿とさせる姿形に、ハリウッド関係者から熱いまなざしが送られている。

 カイアの父親は、シンディが98年に再婚した起業家のランド・ガーバー氏(54)。端正な顔立ちの父親と、パーフェクトボディーの母親の遺伝子を受け継いだカイアは十代半ばにして大物オーラ全開だ。

 カイアが出演したのは「シスター・シティーズ」というテレビ映画。自殺した母親をしのび、生き別れになっていた4人の娘たちが再び集まるというドラマ。カイアは若き日の姉妹の1人を演じる。そのプレミアに家族と共に出席したカイアは初のレッドカーペットインタビューに答え、「撮影は緊張したけど、素晴らしい経験になったのはキャストやスタッフがすごく優しくて親切だったから」と語った。

 また、女優経験のある母親のシンディからは、演技についてアドバイスは無かったが「時間を必ず守ることや、プロとして自覚するよう教えられた」とか。

 米ファッション誌「ヴォーグ」など数々の一流雑誌で、すでに表紙やグラビアを飾っているカイア。当面は女優ではなく、モデル業に重点を置きたいとした上で、「いろんな仕事もやってみたい」と意欲を見せた。

手足の長さは母親ゆずりだ(@kaiagerber/instagram)

見事なほどの手足の長さは母親ゆずりだ(@kaiagerber/instagram)

母親のシンディと父親のランド(@cindycrawford/instagram)

母親のシンディと父親のランド(@cindycrawford/instagram)