24
November , 2017
Friday


MTV賞でリアーナに愛を告白したドレイク 以来2人の熱愛情報続々浮上

2016年9月6日(火)03時13分更新
Pocket

久しぶりにリアーナの本気モード恋愛が始まった?(@badgalriri/instagram)

久しぶりにリアーナの本気モード恋愛が始まった?(@badgalriri/instagram)

 先月28日の「2016MTVビデオ・ミュージック・アワード」で、特別賞を受賞した歌手リアーナ(28)のプレゼンターを務めていたラッパー、ドレイク(29)が、ステージ上で突然、リアーナに「ずっと君を愛していた」と衝撃告白。当のリアーナは戸惑いながらも「ありがとう」と返した。この想定外のハプニングが大きな話題を呼び、以来、2人は急接近。わずか1週間あまりで熱愛報道が過熱している。

 それを裏付ける証拠が次々と浮上している。2人は先週、水族館デートをした。それを記念してリアーナは、足首にサメのタトゥーを入れたのだが、実は以前から、ドレイクも同じサメのタトゥーを腕にしていることが判明したのだ。

 また、マイアミのクラブでも先週、ツーショットを激写されている。クラブのVIPエリアで2人は、一緒にダンスしたり、抱き合ったり、キスを交わすなど、ラブラブな姿が目撃された。

 目撃者は「2人は幸せそうで、ずっと一緒。みんなの前でも何も隠す様子は無かった」と話した。

 2009年のDV事件により破局した歌手クリス・ブラウン(27)との交際以来、シリアスな関係のウワサが無かったリアーナ。久しぶりに本気モードの恋愛が始まったのかも。

ドレイクの右腕に見えるサメのタトゥー(@champagnepapi/instagram)

ドレイクの右腕に見えるサメのタトゥー(@champagnepapi/instagram)