24
November , 2017
Friday


ちょいワル火遊び馬券【紫苑S】【京成杯AH】【セントウルS】

2016年9月9日(金)02時30分更新
Pocket

紫苑S(9月10日・中山11R)

ひと夏越しての成長に期待!ヴィブロス◎

休養前の前走500万下の勝ちっぷりとヴィルシーナの全妹という血統から今秋の大飛躍を予感させるヴィブロスに◎。410k台の小兵だが、中間に自己ベストを大幅に更新する調教タイムを計時しており充実ぶりを窺わせている。○は今回と同じ舞台のミモザ賞でジェラシーを負かしているパールコード。直後のフローラSでも馬体を大きく減らしながらチェッキーノの②着に好戦しており、リフレッシュ効果で逆転も十分。▲にオークス③着と実績上位のビッシュ。秋華賞に向けて③着以内が必須条件となる今回は鞍上に戸崎を迎えて背水の陣。フラワーC勝ちの中山巧者エンジェルフェイスに特注★。以下△印の各馬も差なく続く。

◎ヴィブロス

○パールコード

▲ビッシュ

★エンジェルフェイス

△ギモーヴ

△クイ-ンズベスト

△パーシーズベスト

△フロンテアクイーン

 

京成杯AH(9月11日・中山11R)

脚質に幅を広げたダノンリバティ

秋の開幕週で高速決着必至。時計の裏付けを持つマイラー資質を重視したい。◎は関屋記念で3番手キープからタイム差なしの②着に粘り込んだダノンリバティ。以前は中団からの差し一辺倒だったが、好位から脚を伸ばす自在性を身につけたとなればトリッキーな中山マイル戦にも十分対応できるはず。○は中山巧者ダイワリベラル。マイル戦の2勝も昨年の暮れと年明けの中山だった。3歳馬ロードクエストが▲。新潟2歳Sが強烈過ぎて左回り向きの印象はあるが展開不問の破壊力が侮れない。昨年のNHKマイル王者クラリティスカイの先行力に特注★。ダノンプラチナは58kと久々に?が付き△まで。

◎ダノンリバティ

○ダイワリベラル

▲ロードクエスト

★クラリティスカイ

△ダノンプラチナ

△ダンスアミーガ

△トウショウドラフタ

△ピークトラム

 

セントウルS(9月11日・阪神11R)

展開有利のネロに◎

スプリント重賞にしては逃げ馬がネロ一頭。仮にラヴァーズポイントが注文を付けたとしても楽に番手から運べそうで先行押し切りに期待の◎。調教動くタイプにしても追切りの動きは超抜でさらに上昇気配にある。高松宮記念で頂点に立ったビッグアーサーは○。1200m戦の実績は断然で58kでもアッサリがあるが5か月ぶりは初体験。目標が先にあることもあり狙いを一枚下げた。前記2頭の間隙を突くならエイシンブルズアイ。ハクサンムーンを負かしたオーシャンSでの直線一気を想起して▲。ダンスディレクターはさすがに半年以上のブランクに?が付き★まで。ウリウリ、スノードラゴン、アットウィル、ティーハーフが押さえ。

◎ネロ

○ビッグアーサー

▲エイシンブルズアイ

★ダンスディレクター

△ウリウリ

△スノードラゴン

△アットウィル

△ティーハーフ