24
November , 2017
Friday


役にたたない英語おせーたる(143)車を郵便受けにぶつけた

2016年9月17日(土)09時00分更新
Pocket

4回事故に遭ったmailbox

4回事故に遭ったmailbox

 あああ~、よりによって!である。

 先週末、友人夫婦が州外から遊びに来てくれた。この夫婦、私の両親の年齢くらいの人たちで、私を娘のようにかわいがる、というか、イジくってくれる。私にとってはいい人たちなのだが、strongly opinionated(強烈な自説を持つ)人たちなので、敵を作る、あるいは敬遠されることも多く、そばで見ていてハラハラすることもしばしばである。

 ある夜、うちで食事をした後、Dale(デール=夫)とCandace(キャンデス=妻)が宿泊先のホテルに帰ることになった。

 夫婦はFord F-150(フォード・エフ・ワンフィフティ)というフルサイズのピックアップトラックを運転している。車高が高く、でかい。

 Driveway(ドライブウエー、ガレージと公道をつなぐ私道)をback up(バックする)して公道に出たな~と思ったときに、「ガチャン!」。車高が高いから、あるいは暗かったから見えなかったのか、お向かいさんのmailbox(郵便受け)にぶつけたのだ。よりによって、口うるさいことで知られるlawn Nazi lady(芝生ナチおばさん)のmailboxに!

 Daleが運転席から、”Did I break it?”(壊れたか?)と聞くので、”Didn’t break, but tilted it.”(壊れてはないけど、曲がってる)と答えると、そのままとっとと帰ってしまった。

 家に戻ってパートナーに、”Dale hit the mailbox of lawn Nazi lady and took off.”(デールが芝生ナチおばさんの郵便受けにぶつけて、そのまま帰ってしもた)と報告したら、”It’s late. We will wait and go talk to her the first thing in the morning tomorrow.”(もう遅いから、明日まで待って、朝一番で彼女に話をしに行こう)ということになった。こんなとき、パートナーが頼もしく見える。よかった、この人と一緒で。しかし、彼女に何を言われるかと思って、その日は眠れなかった。

 翌朝、二人でお向かいさんのドアをノックしたが応答がなかったので、”Hi Laura, we’d like to talk to you about the accident to your mailbox.”(ローラ、郵便受けのハプニングについてお話があります)というメモと電話番号を残した。しばらくして、Laura(ローラ=芝生ナチおばさん)から電話があり、再度出向いた。

 “We are terribly sorry about your mailbox. Our friends were backing up their truck last night and hit your mailbox Probably, they couldn’t see it in the dark.”(郵便受けなんですが、大変すみませんでした。夕べ、友人がトラックをバックさせていて郵便受けにぶつけてしまったんです。暗くて見えなかったんだと思います)と詫びると、”I didn’t notice until I saw your note. It’s not a big deal. You know what? This is the fourth time my mailbox was hit.”(メモを見るまで気づかなかったわ。大したことないわ。知ってる? うちの郵便受けが事故に遭うの、これで4回目よ)と言って、ガハハと笑い飛ばしてくれた。よ、よ、よかった・・・。怒鳴り散らされるかと思ってた。

 さらに、”Thank you for your honesty.”(正直に話してくれてありがとう)とまで言ってくれた。Lawn Nazi ladyなんてパートナーは呼んでいるが、実はいい人じゃないか。

 「とにかくすぐに修理の手配しますので・・・」と言っていた矢先、騒ぎの張本人DaleがF-150で現れた。Daleが車から降りてきたので、”Dale, this is Laura. You hit her mailbox.”(デール、こちらがローラ。彼女の郵便受けにぶつけたんやで)と紹介した。Daleは悪びれるふうもなく普通に世間話を始め、Lauraもそれに受け答えしている。そこにCandaceも入って、何についてだか、延々と話している。まったく、事故を起こしていない私が身の細る思いをしたというのに、本人は能天気なものだ。

 大した事故じゃないというのもあるが、アメリカ人は往々にしておおらかである。また、知らない人とでもよくしゃべる。よくそんなに話のネタがあるなと感心するほどである。

 とにかく、mailboxは数日中に修理された。あとは請求書が届くのを待つばかり・・・。Daleは払う気があるのかないのか、これまた我関せず、である。