24
November , 2017
Friday


米人気女性コメディアン アンジェリーナ・ジョリーは「狂った○○女」!

2016年9月27日(火)03時05分更新
Pocket

ジェニファー・アニストンと仲良しのチェルシー(@chelseahandler/instagram)

ジェニファー・アニストンと仲良しのチェルシー(@chelseahandler/instagram)

 トーク番組などの司会も務める米人気女性コメディアン、チェルシー・ハンドラー(41)が今週、ここぞとばかり、アンジェリーナ・ジョリー(41)を猛攻撃。アンジーを「狂ったクソ女」呼ばわりし、離婚状を突きつけられたブラッド・ピット(52)を“自業自得”だとしながらも哀れんだ。

 チェルシーはブラピの前妻ジェニファー・アニストン(47)の親友で、これまでもジェニファーから夫を奪ったアンジーを、ことあるごとに批判してきた。

 そして今回、チェルシーは米オンラインストリーミングサービス「Netflix」で配信されている自身のコメディー番組「チェルシー」でアンジーとブラピの離婚問題について発言。「ブラッドのアルコール依存や、大麻の吸いすぎが問題の一つだってウワサがあるようね。でも、どうしてそうなっちゃったの?」と前振り。

 「本当ならブラッドはここ12年、(イタリア北部のリゾート地)コモ湖あたりでジョージ・クルーニーやマット・デイモンとつるんでたはずだったんだけどね」とし、アンジーと出会ってから現在までの年月に触れた。

 「それがどうよ。85人の子供たちと、15カ国語が飛び交う家で生活するハメになったのよ」とジョークを飛ばし、アンジーとブラピが、アフリカやアジアから4人の子供たちを養子縁組し、実の子の双子を含め、6人の子供たちと生活してきた不自然な家庭環境を皮肉った。

 その上で、アルコール依存や大麻の吸いすぎになった原因について「あ、そうよ!あの狂ったクソ女と結婚したからよ。だからよ」と毒づいた。ただし、「2人にとって今は厳しい時期だから、プライバシーを尊重して、離婚について私がしゃべるのはこれで終わりにするわ――テレビでは、だけど」と締めくくった。

 チェルシーはこれまでも親友のジェニファーを気遣いながらも、コメディー番組などではアンジーを「家庭破壊魔」や「悪魔」などと容赦無い表現で攻撃。夫を持つ多くの女性から支持されてきた。