21
November , 2017
Tuesday


未練たっぷりブラピよそにアンジーは6人の子供たちと新たな人生スタート

2016年10月8日(土)09時00分更新
Pocket

ロスを離れマリブに移り住んだアンジーと子供たち(@angelinajolieofficial/instagram)

ロスを離れマリブに移り住んだアンジーと子供たち(@angelinajolieofficial/instagram)

 飲酒問題や子供たちへの虐待があったと主張して、夫で米俳優のブラッド・ピット(52)に三行半を突きつけた同女優アンジェリーナ・ジョリー(41)。ブラピが離婚ショックから立ち直れない中、元妻となるアンジーは子供たちと新居に引っ越すなど、着々と新たな人生を歩み始めている。

 米芸能メディアは「ブラピはまだアンジーを愛していることは明らかで、どうにかして妻と子供と一緒の生活に戻れないか模索している」などと伝えている。だが、アンジーの心はすでに夫から離れ、親の離婚で動揺している子供たちに心理セラピーを受けさせるなど、新生活に大忙しだ。

 先月、家族が暮らしたロサンゼルスの豪邸を、子供たち6人とともに後にしたアンジーは、あらかじめ借りておいたロス郊外にある海岸沿いの高級住宅地マリブの邸宅に移り住んだ。

 米芸能サイト「TMZ」によると、寝室5つとバスルーム5つという邸宅は、米俳優チャーリー・シーンの元妻で米女優のデニス・リチャーズが以前住んでいた豪邸。アンジーの関係者は、さらに別の物件も探している最中だという。

 TMZは「アンジーはマリブの閉鎖的な環境が気に入った様子で、そこに複数の邸宅を借りることでパパラッチから子供たちを守れると考えている」と分析。長期的に住むための自宅購入については、ブラピとの資産分与が解決した後になるだろうとしている。

 アンジーはまた、ブラピの存在そのものを“人生というメモリー”から“削除”する考えのようだ。米芸能誌「OK!」によると、ブラピとの思い出にちなんだタトゥーを全て消すことを検討しているという。

 同誌は関係者の話として「アンジーのタトゥーは彼女自身を象徴するものなんです。残念なことに今回が初めてではないのですが、除去することを考えています」と報じた。決めたことは何事も徹底する性格のアンジーだけに、いくら未練があってもブラピが戻れる場所はすでに無い。