22
November , 2017
Wednesday


「ヴィクトリアズ・シークレット・ショー’16は来月パリで」と今発表の訳

2016年10月25日(火)02時40分更新
Pocket

 世界屈指のスーパーモデルたちと、今をときめく音楽アーティストが競演する恒例の「ヴィクトリアズ・シークレット(VS)」ファッションショーが来月、パリで開かれることが今週になってようやく発表された。例年なら、その年の春には秋に行われるショーの日程が公表されるのだが、今回は異例中の異例のわずかひと月前。そこには主催者側の重大な意図があった。

 VSといえば、世界中の女性に人気の米ランジェリーメーカー。同社の新作コレクションを毎年一度、披露するのがVSファッションショーなのだ。開催場所もロサンゼルス、ニューヨークやパリなど毎年変えて行われる。

 また、ショーにはVSエンジェルズと呼ばれるアドリアナ・リマら十数人の専属モデルや、ミランダ・カーなど元エンジェルズのスーパーモデルたちが集結。これまでテイラー・スウィフトやリナーナ、アリアナ・グランデ、マルーン5、ジャスティン・ビーバーといった豪華ゲストが登場し、モデルたちのキャットウォークに合わせてパフォーマンスするといった超贅沢イベントなのだ。

 そんなショーが日程のたったひと月前に発表されたのは、主催者側が恐れるテロ攻撃阻止というワケがあった。パリといえば昨年11月、130人の犠牲を出した同時多発テロが発生した場所。VSは当時から「2016年のショーはパリ」と決定していたため、最悪の事態を想定し、これまで極秘裏に計画を進めてきた。ギリギリまで情報を押さえることで、テロリストに攻撃の準備時間を与えないという狙いだ。

 音楽とファッションショーが融合する華やかなイベントのウラに、凶悪テロを警戒しなければならない悲しい現実があった。