20
October , 2017
Friday


モーリス 09年2着父スクリーンヒーローを超える 

2016年10月27日(木)09時27分更新
Pocket

天皇賞といえばメジロアサマ→メジロティターン→メジロマックイーンと父子3代制覇の偉業を達成したメジロ牧場が思い出される。すでにメジロ牧場は解散してしまったが母のメジロフランシスをはじめ、母系に5代前まで「メジロ」が並ぶモーリスを応援したい。母メジロフランシスは未勝利馬ながら、祖母メジロモントレーは重賞4勝。オークス5着、エリザベス女王杯7着と3歳時は結果を残せなかったが、モガミ×フィディオンという晩成型の配合らしく、古馬になって本格化。AR共和国杯→AJCCと牡馬を相手に連勝した時には春の天皇賞制覇も夢ではないと思われたが脚部不安を発症し、長期休養を余儀なくされた。曽祖母メジロクインシーは不出走馬で、他の産駒には房総特別など3勝し、カーネーションC2着のメジロライリー、五色沼特別など4勝のメジロフェンディーがいる。4代母は朝日杯3歳S、函館記念を制し、オークス2着、桜花賞3着のメジロボサツ。繁殖馬としても弥生賞、スプリングSを勝ち、種牡馬としても2重賞を制し、オークスで3着したメジロハイネを送り出したメジロゲッコウを産んでいる。メジロボサツの牝駒では一族からGⅠ5勝のメジロドーベルを筆頭に、メジロファラオ、メジロボアールなどを出した4番子メジロナガサキが牝系の裾野を広げている。今回は09年に2着と涙をのんだ父スクリーンヒーローの雪辱戦ともなるモーリス。マイルGⅠに加え、2000メートルのG1制覇となれば種牡馬としての価値も高まる。 (笹栗康昭)