26
September , 2017
Tuesday


英王室ヘンリー王子の新恋人はハリウッド中堅女優 一方で良からぬ評判が

2016年11月3日(木)05時48分更新
Pocket

姉からは「ナルシストでわがまま」と言われたメーガン(@meghanmarkle/instagram)

姉からは「ナルシストでわがまま」と言われたメーガン(@meghanmarkle/instagram)

 「英国のヘンリー王子に熱愛中の新恋人」と欧米メディアを騒がせているお相手は、米人気ドラマ「SUITS/スーツ」に出演中のハリウッド女優だった。カリフォルニア州生まれのメーガン・マークル(35)は今週、初めて沈黙を破り、王子とのロマンスについて「私は世界一のラッキーガール」と言ってのけた。

 2人が出会ったのは今年5月。王子主導で創設された傷病兵のための国際スポーツ大会「インビクタス・ゲーム」をPRするためカナダ・トロントを訪れた際、メーガンと知り合った。

 その後7月、メーガンは王子に会うためロンドンを訪問。2人きりの時を過ごしたと地元メディアは伝えた。2人はすでにウィリアム王子夫妻と会ったとの情報もあり、次はエリザベス女王と面会するための準備が進んでいるとも。

 そんなメーガンは今週、カナダの有力紙トロント・サンとのインタビューで王子との関係に触れ「私の人生で最も幸せな時」とオープンに語った。

 ハリウッドで中堅女優として活躍するメーガンは米名門ノースウェスタン大で演劇のほか、国際政治も専攻した。卒業後はアルゼンチンの米国大使館に勤務し、人権団体の活動にも参加する才女でもある。

 だが、実はメーガン、7年間交際した米映画プロデューサー、トレバー・エンゲルソン氏と2011年に結婚したものの、わずか2年で破局。離婚が成立したかどうかは不明だ。

 そんな中、腹違いの姉サマンサ・グラントさん(51)が今週、英紙デーリー・メールの取材に対し、「妹はナルシストでわがまま。本性を知れば王子の気持ちは離れていくだろう」と爆弾発言をした。

 メーガンはハリウッドの照明デレクターだった父親を持ち、母親はアフリカ系。両親はすでに離婚し、72歳の父親は最近、約3万ドル(約300万円)の負債で自己破産を申請。母親も数年前、約550万円の借金を抱えて自己破産宣告している。

 両親が経済的に苦しむ中、仕事も順調で、金銭的にも恵まれていたメーガンは家族を助けることも一切なかったとサマンサさんは暴露。自分は「世界一のラッキーガール」と浮かれている妹を痛烈に批判した。

 ハリー王子はメーガンとの交際に真剣だとされるだけに、今後、メーガンに関する評判には王室も神経を尖らせそうだ。

交際に真剣モードだというヘンリー王子(@kensingtonroyal/instagram)

交際に真剣モードだというヘンリー王子(@kensingtonroyal/instagram)