20
November , 2017
Monday


英キャサリン妃とパリス・ヒルトンのドレスが丸かぶり 注目のお値段は…

2016年11月7日(月)04時53分更新
Pocket

注目のインディーズデザイナーの作品だった(@fashionfreaktv/instagram)

注目のインディーズデザイナーの作品だった(@fashionfreaktv/instagram)

 英国王室のキャサリン妃(34)と、あのパリス・ヒルトン(35)のドレスがまさかの丸かぶり――。

 同妃は先週、ロンドンで開催中の「リカバリー・ストリート映画祭」のレッドカーペットに、深いスリットの入ったエレガントな純白のドレスで登場した。ところがこのドレス、パリスがその前の週、ロサンゼルスのイベントで着ていたものと全く同じだったことが判明。「2人のファッションセンスは同じだった?!」と話題になっている。

 英紙デーリー・メールによると、2人が着用していたのは、マレーシア出身の男性デザイナー、ハン・チョンが2013年に立ちあげたインディーズブランド「セルフ・ポートレイト」のドレス。ロンドンでは今、“知る人ぞ知る”的人気のブランドで、300~500ポンド(約4万~6万円)という価格設定が若い女性から支持を得ている大きな理由だ。

 2人が着たドレスは360ポンド(約4万6000円)で販売されており、一般人にとっても比較的手ごろなお値段だ。 年も近い2人だけに、同世代の注目ブランドに目が行くのは当然。その上、庶民的価格のドレスという点も、パリスとかぶったとはいえ、キャサリン妃の好感度アップにつながったようだ。