14
December , 2017
Thursday


レイヤ姫キャリー・フィッシャー 自伝本でハリソン・フォードとの不倫激白

2016年11月16日(水)04時03分更新
Pocket

この時、すでに熱愛中だった2人(@entertainmentweeklyinstagram)

この時、すでに熱愛中だった2人(@entertainmentweeklyinstagram)

 映画「スター・ウォーズ」のレイヤ姫役で知られるキャリー・フィッシャー(60)が、22日発売の自伝本「プリンセス・ダイアリスト」で、当時共演者だったハリソン・フォード(74)と不倫関係だったことを激白した。

 キャリーは「スター・ウォーズ」の撮影中だった1976年当時、まだ19歳。ハリソンは既婚者で30過ぎ。同著によると、2人の関係は“濃密”で「平日はハンとレイア、週末はハリソンとキャリー」としてずっと一緒過ごしたという。

 キャリーはまた、2人が初めて夜を共にしたのは、ジョージ・ルーカス監督(72)の誕生日パーティーの後だったと明かし、ハリソンのベッドテクニックはイマイチだったが「彼はすごくハンサムだったから」気にしなかったとも。

 また、ハリソンから2人の名前をミックスした「Carrison」の文字を刻んだダイヤ入りの金の指輪をプレゼントされ、プロポーズされることを当時は夢見ていたと回想した。

 同著は2人の熱愛は撮影と共に終わったとして、この不倫関係が79年のハリソンの離婚とは無関係だったと強調している。キャリーは今でもハリソンとの思い出を大切にしていると語り、「私はまだウブだったけど、彼の何かを信じていた。本当に優しかった」と振り返った。

 ハリソンは最初の妻と離婚後、83年に脚本家メリッサ・マシスンと再婚するが2004年に再び離婚。米ドラマ「アリーmy Love」のアリー役で人気を集めた米女優キャリスタ・フロックハート(52)と10年に結婚している。

 一方、キャリーは83年に「サイモン&ガーファンクル」のポール・サイモン(75)と結婚。だが、翌年には離婚。現在まで独身。昨年公開の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」では「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」以来、32年ぶりにレイア姫としてハン・ソロ役のハリソンと共演した。