22
June , 2017
Thursday


ブラピの長男への「暴行どころか口論さえ無かった」との衝撃情報が急浮上

2016年11月19日(土)09時00分更新

「マリアンヌ」のブラピとマリオン(@glamour_russia/instagram)

「マリアンヌ」のブラピとマリオン(@glamour_russia/instagram)

 米女優アンジェリーナ・ジョリー(41)との離婚の直接原因とされる長男への虐待が疑われていた米俳優ブラッド・ピット(52)。ようやく先週、当局の調べで疑惑が晴れたことが分かった。ところが、更に驚くべき情報が急浮上。なんと、自家用ジェット機内で起きたとされる親子げんかそのものが、そもそも無かったというのだ。

 “ブランジェリーナ”一家は9月14日、欧州から帰国。その途中の機内で酒に酔ったブラピが息子マドックス君(15)と口論となり、暴行したとする証言が関係者からロサンゼルス郡児童家族サービス局に報告された。捜査当局は調査に乗り出したが、ブラピは虐待していないとの結論に達した。それどころか、米芸能サイト「レーダー・オンライン」は今週、ブラピと長男との間に口論さえ無かったとする衝撃情報を報じた。

 同サイトによると、米連邦航空局は飛行中の機内の音声データを入手し、解析したが、録音されていたのは通常フライトの様子のみ。これまで報じられていたようなブラピによる言葉の暴力や、長男とのけんか騒ぎも無かった可能性が高いというのだ。

 もともとの通報者が「同機に搭乗していた関係者」との情報もあり「アンジー側が離婚を有利にするため仕組んだ偽情報だったのでは」との見方もある。いずれにせよ、もし証言がウソだとしたら、目的は明らかだが…。

 一方、6人の子供たちを事実上、アンジーに奪われ、失意のブラピは今週、中国・上海にいた。アンジーが“夫の浮気相手”と決め付けたフランス人女優マリオン・コティヤール(41)と共演した新作映画「マリアンヌ」のPRのためだ。同国では今月30日に公開される。

 実はブラピが主演作PRで中国入りしたのは、映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の1997年以来。当時、ダライ・ラマと親しい登山家を演じため、中国当局のブラックリスト入りしていた。

 同じく今週、共演者のマリオンはニューヨークのプレミアに登場。ブラピとの不倫について完全否定しているが、メディアからは劇中のブラピとの濃密な濡れ場シーンについて聞かれた。

 「あれは気まずい雰囲気だったわ。て、言うか2人で笑っちゃった」と返した。