14
December , 2017
Thursday


カニエ・ウェストが〝後出しジャンケン〟?「俺はもともとトランプ支持」

2016年11月21日(月)03時36分更新
Pocket

「オレへのリスペクトが足りない」と批判したジェイ・Z(左)とカニエ(@privatekanye/instagram) 「オレへのリスペクトが足りない」と批判したジェイ・Z(左)とカニエ(@privatekanye/instagram)

 米セレブタレント、キム・カーダシアン(35)の夫で、米人気ラッパー、カニエ・ウェスト(39)の奇行に拍車がかかっている。17日のカリフォルニア州サンノゼ公演で突然、次期米大統領に選ばれたドナルド・トランプ氏支持を訴えたかと思えば、19日の同州サクラメント公演では、米歌手ビヨンセと、夫でラッパー、ジェイ・Zの批判を延々と続けた。そして20日、ロサンゼルス公演開始のわずか3時間前に中止を発表。関係者はチケットの払い戻しで、てんやわんやの大騒ぎだ。

 実は今月3日、ロス公演でカニエは観客に「声がガラガラだ。今日はこれで終り。ごめんな」と告げ、開始わずか30分でコンサートをさっさと切り上げた。その振り替え公演としてスケジュールされたのが20日だった。今回のドタキャンで、現場は再び振り替え公演の調整に追われている。

 17日の公演でカニエは、今月8日の大統領選で投票に行かなかったが「選挙期間中はずっとトランプ氏を応援していた」とまさかの告白。ジョージ・ブッシュ元大統領を「黒人差別主義者」と猛非難していただけに、“白人至上主義”とヤリ玉に挙げられたトランプ氏を支持とは、誰もが「は?」と耳を疑う発言だ。更にカニエが、討論会でのトランプ氏の演説を絶賛し始めると、ついに会場からは大ブーイング。さすがのファンも、カニエの“後出しジャンケン”に呆れた様子だった。

 その2日後の公演では、今年のMTVビデオ・ミュージック・アワードで、「最優秀ビデオ賞」を含む8冠の最多受賞となったビヨンセを口撃。授賞式前、ビヨンセは「最優秀ビデオ賞を受賞したら会場で歌う」と明言していたことを、カニエは同日の公演で長々と猛批判したのだ。

 カニエも同賞にノミネートされていたが「落選したことを根に持っていたのでは?」との声も。夫のジェイ・Zについては「電話したのに返事がない。オレへのリスペクトが足りない」とご立腹だった。

 20日のドタキャン理由については不明だ。