28
April , 2017
Friday


【速報】お騒がせラッパー、カニエ・ウェスト「精神鑑定のため措置入院」

2016年11月22日(火)02時25分更新

年内全ての公演が中止になったカニエ(@privatekanye/instagram)

年内全ての公演が中止になったカニエ(@privatekanye/instagram)

 20日のロサンゼルス公演を直前になってドタキャンした米ラッパー、カニエ・ウェウスト(39)が21日、同市内の病院に緊急入院したことが分かった。一部メディアは関係者の話として「疲労によるもの」と伝えたが、米芸能サイト「TMZ」は「精神鑑定のための措置入院」と報じた。

 同サイトによると、ロス市警は同日午後1時20分ごろ、カニエが訪れていたトレーナーの男性宅からの通報で駆けつけたところ、カニエは錯乱状態だった。精神鑑定が必要と判断した警察官は救急に連絡。カニエをなだめようと試みたが抵抗されたため、手錠をかけ救急車でカリフォルニア大ロサンゼルス校医療センターに搬送した。市警は緊急措置について「本人の健康面と安全のため」としている。カニエの状態について詳細は不明だ。

 カニエはニューアルバム「ザ・ライフ・オブ・パブロ」を引っさげ、8月25日のインディアナ州インディアナポリスを皮切りに北米「セント・パブロ」ツアーが組まれていたが、今回の入院により、年内予定されていた残り22公演全て中止と発表された。チケットは購入場所で全額払い戻される。