26
September , 2017
Tuesday


役にたたない英語おせーたる(152)ホテルのサービス

2016年12月3日(土)09時00分更新
Pocket

24時間食べられるおいしいクッキーのサービスはうれしい

24時間食べられるおいしいクッキーのサービスはうれしい

 ホテル業界は、Airbnb(エアビーアンドビ)などの出現で、競争が激化しているらしい。

 Airbnbはbed and breakfast(ベッド・アンド・ブレックファスト、朝食付き民宿)を提供したい家主と、利用者をつなぐウエブサイトだ。概してホテルより安い。一軒丸ごと貸している場合もあれば、部屋だけを貸している場合もある。他人とバスルームを共有しないといけなかったりと、必ずしもプライバシーが保障されるわけではない。チェーンホテルなら、名前を聞くだけでそのホテルのレベルが分かるものだ。つまり、サービスの質とか部屋の清潔さとか。しかし、個人の家(部屋)の貸し出しとなると、いくらウェブサイトに写真やほかの利用者の評価が掲載されているとはいえ、実際に行って見なければ分からない。

 New York(ニューヨーク)などの大都市に廉価で泊まれるのは魅力だが、実際に利用した知人によれば、”I believe they must have remodeled the storage into a ‘guest room.’ The location was good, the price was right, but it was not comfortable.”(物置を「客室」に改装したんだと思うわ。ロケーションはいいし、料金も手ごろだったけど、心地よくはなかったわ)。

 逆に、家を貸し出している知人もいて、彼はお客さんのために、せっせと掃除をし、食べ物をそろえたりしているようだ。貸主によりけりだな。

 慎重派の私はまだAirbnbを使ったことがない。私が使えるのは二流ホテルだが、熾烈な競争のおかげか、そうしたホテルのサービスがよくなっているような気がする。

 Washington DC(ワシントンDC)に出かけた際、Hilton(ヒルトン)系の二流ホテルに泊まった。帰りの飛行機で荷物をチェックインしないことを忘れて、BBQソースをお土産に購入してしまった。手荷物の場合、液体は機内に持って入れない。

 帰る日、front desk(受付)で事情を説明し、”Will you mail this to our address for us? Please use an economical option and charge it on our credit card.”(これを自宅まで郵送してもらえますか? 送料の安いものを使ってください。料金はクレジットカードにチャージしてください)とお願いした。 すると、たかだか7ドルだか8ドルのBBQソースが、FedEx(フェデックス)の2-day delivery(2日配達)で送られてきた。しかも、料金はホテル持ち。なんとまあ。

 先日は別の町で、たまたま同じチェーンのホテルに泊まったのだが、front deskがフレンドリーで良心的で気持ちがよかった。

 駐車料金を覚悟して、”We have a car. How can we park our car?”(車があるんですけど、どう駐車すればいいですか?)と聞くと、”We have a parking garage, $18 per night. But parking spaces in front are free during weekends. If you don’t mind parking outside, it’s free.”(屋内駐車場がありますが、一晩18ドルです。ホテルの前は週末駐車無料ですよ。外に駐車するのが気にならなければ、無料ですよ)。あら、良心的。

 また、市内の博物館のチケットを購入できるか聞いたら、”We sell tickets for $22 each. The museum may have discount tickets. I recommend you to go to their website first, and if they don’t have any, I will arrange tickets for you.”(チケットは一枚22ドルで販売しています。博物館で割引券を用意しているかもしれません。博物館のウエブサイトをご覧になって、割引券がなかったら、こちらでご用意しますよ)。

 さらに、”Oh, we have shuttle services. The shuttle will drop you off wherever you want. Just call us when you need a ride to come back to the hotel.”(あ、それから、シャトルバスのご用意があります。どこへでも送迎します。ホテルにお戻りの際は、ホテルにお電話いただければピックアップします)。あらあら、親切だこと。

 部屋の鍵をもらって、エレベーターに向かおうとしたら、“Do you care for cookies? They are nice and warm.”(クッキーはいかがですか?温かくておいしいですよ)。こりゃ、クッキー好きなアメリカ人にはたまらんサービスだ。お言葉に甘えて、クッキーをもらったら、”We have cookies 24 hours. Please get some whenever you want.”(クッキーは24時間ご用意しておりますので、いつでも取りにいらしてください)。

 こういう応対をしてくれるのなら、今しばらくはホテルを使い続けようかな~と思うのであった。