26
September , 2017
Tuesday


テイラー・スウィフト 193億円で「最も稼いだミュージシャン」初1位

2016年12月3日(土)09時00分更新
Pocket

専門チャンネルも始まるテイラー(@taylorswift/instagram)

専門チャンネルも始まるテイラー(@taylorswift/instagram)

 今週発表された米経済誌「フォーブス」による2016年度「最も稼いだミュージシャン」で、堂々1位に輝いたのは、やはり米歌手テイラー・スウィフト(26)だった。昨年1位の“天敵”ケイティ・ペリー(32)を追い抜き、初めて首位を獲得。すでに同誌による今年度の「最も稼いだ女性ミュージシャン」と「最も稼いだセレブ」番付でもトップになり、見事“3冠”を達成した。

 同ランキングは6月までの1年間の収入で、テイラーの年収は驚きの1億7000万ドル(約193億円)!最新アルバム「1989」の売り上げや、昨年5月に東京ドームを皮切りに始まったワールドツアーの成功、アップル社やコカ・コーラのCM出演が収入の大幅アップにつながった。

 ちなみに、「最も稼いだミュージシャン」の2位は1億1000万ドル(約125億円)の英ボーイズグループ、ワン・ダイレクション、3位は英歌手アデルで8050万ドル(約92億円)が続いた。ケイティはアルバム発売などがなかったため、4100万ドル(約46億7000万円)で25位だった。

 今や世界の音楽業界でも、飛び抜けた存在となったテイラーのブランド価値に目をつけたのは米通信最大手AT&Tだ。同社は今週、「テイラー・スウィフト・NOW」という新たなチャンネルを開設すると発表した。

 新チャンネルは、同社が始めたネット放送局「ディレクTV NOW」の一環として、コンサートやインタビューなど、全てテイラー関連の番組を24時間放送するというもの。これまでのディレクTVのケーブル放送でも視聴できるという。

 そんなテイラーに、またもや新たな恋の話が――。今年の夏に英俳優トム・ヒドルストン(35)と破局して以来、浮いた話が聞こえてこなかったテイラーだが、ここにきてカナダ出身のラッパー、ドレイク(30)との交際のウワサがファンの間で広まっている。

 10月23日に開かれたドレイクの誕生日パーティーで、親密な様子のツーショットが目撃されたのがウワサの始まり。一部の芸能メディアは「2人は音楽でコラボレーションするため頻繁に会っているだけだ」と交際には否定的だが、果たして…。