26
September , 2017
Tuesday


G線上のホース チャンピオンズC 「無敗馬よりも魅力あり」

2016年12月3日(土)07時00分更新
Pocket

中京11R チャンピオンズC

師走に突入し、競馬開催も今週を含めて後4週になりました。昨年はゴールドアクターという秘蔵っ子がいたので有馬記念が楽しみでなりませんでしたが、今年はそういう存在を見つけられていないのが現状です。もっとも、そんな馬を毎年毎年は見つけられる訳では有りませんし、そういう馬が出て来るとも限りません。人気が予想される馬以外で唯一楽しみな存在が、土曜の金鯱賞に出走しています。良い形で出て来れれば文句なくその馬を推奨しますが…。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ゴールドドリーム 自信度★★★☆☆

◎ゴールドドリーム
○アウォーディー
▲ラニ
△ロワジャルダン
△サウンドトゥルー
△ノンコノユメ
△コパノリッキー
☆アスカノロマン
☆カフジテイク

ホッコータルマエ、タガノトネールの中間のアクシデントには言葉が出ない。あの2頭が出走していれば更に面白いレースになっていただけに本当に残念でならない。ただ中心はダート替わり無敗でGIを制したアウォーディーで、先週のキタサンブラック同様に無理に嫌う必要は無い。
今週はそれよりも買いたい馬がいたのでゴールドドリームを推奨。前走はタガノトネールのコースレコードに屈したが、この日の東京は先行圧倒的有利の超高速馬場。相手をモーニンに絞っていた同馬には厳しい展開だったが2着まで追い込んだのは地力の証明。3歳馬だが春のユニコーンS組のレベルの高さは異常で、3着のグレンツェンドはレパードS1着→みやこS2着は当然としても、それ以下の着順の馬が計6頭で古馬相手に7勝を挙げているは見逃せない。戦績からも右回りより左回りでパフォーマンスを上げており、古馬の一線級相手でも勝負になる。相手には無敗のアウォーディー、ブリンカー効果と左回りで見直せるラニ、昨年は大外枠で4着で今年は内枠に入ったロワジャルダンを強調する。馬券は単複と馬連流し、◎○からの3連複軸2頭流し、3連単軸2頭マルチで買ってみたい。

【若駒推奨馬】

阪神8R 3歳以上500万下(ダ1400m) ワンダーサジェス(3歳) 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
 キャリア4戦中、唯一の着外は京都コース。【2.1.0.0】の阪神にしっかり復帰戦を合わせて来たローテーションに好感。

中京3R 3歳以上500万下(ダ1400m) エクロジオン(3歳) 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
 ダート替わりから4戦連続2着で中央では勝ち上がれなかったが、あっさり地方で連勝し中央復帰。きっかけ一つで上には行ける馬。

中山7R 2歳500万下 リンノアモーレ 自信度★★☆☆☆

◎リンノアモーレ
○ポットジーニー
▲ブルーヘヴン
△ハシルキセキ
△キンシノクリーン
△キャラメルフレンチ
☆ビービーアングラー

この時期の500万条件ならば、道営出身馬でも通用する。リンノアモーレは道営デビュー後に大井を挟んでの中央入り。前走は相手が弱過ぎるとはいえ8馬身差の圧勝で、実質追い切りに近い競馬。時計もまだ強調は出来ないが、減量騎手起用でならば粘り込みに期待出来る。馬券は単複と馬連、3連複軸1頭流しで勝負する。

中山2R 2歳未勝利(ダ1800m) リパーカッション 自信度★★☆☆☆

◎リパーカッション
○デジャブ
▲ジェイケイライジン
△トーホウカンタール
△サンボストン
△ウインコーラル
△ルチアーノカフェ

大型馬で最後の一押しに欠けるネオユニヴァース産駒のダート替わり。リパーカッションの母系がダート血統でないのが唯一の気掛かりだが、走りからはいかにもダート向きの印象。相手に強調すべき存在がいないのでここでは推奨できる。馬券は単勝と馬単、馬連で組み合わせる。