27
June , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【チャレンジC】【阪神ジュベナイルF】【カペラS】

2016年12月9日(金)02時30分更新

チャレンジC(12月10日・阪神11R)

最適舞台でフルーキーが連覇!

フルーキーは全7勝のうち5勝が阪神コース。距離1800mも昨年の当レース勝ちを含めて(3202)とまさに適舞台。ハンデも手頃な57.5kに収まり必勝態勢の◎。対抗〇はブラックスピネル。重賞では善戦止まりの感もあるが1Fの距離延長とルメールへの手替わりに変身の期待。単穴▲に〇と同厩舎のヒストリカル。昨年の➁着馬で毎日杯勝ちの実績もあるコース巧者、追い切りもいつになく意欲的なのが不気味だ。乗り難しさのあるベルーフを今年からJRA参戦の若手シュミノーがどう操るかに注目して★。トップハンデながら実績上位のディサイファ、軽量ケイティープライド以下△が押さえ。

◎フルーキー

○ブラックスピネル

▲ヒストリカル

★ベルーフ

△ディサイファ

△ケイティープライド

△ダノンメジャー

△ヒルノマテーラ

 

阪神ジュベナイルF(12月11日・阪神11R)

コース経験で一歩リード、リスグラシュー◎

将来性豊かな好素材が揃っての激戦模様。本命◎はデビュー2戦目の未勝利戦(阪神1800m)で同週の古馬準オープン戦の勝ちタイムを上回ってレコード勝ちしたリスグラシュー。続くアルテミスSでも初遠征をクリア、改めて能力の高さを実証した。地の利のある今回は連軸不動。○はデイリー杯2歳S勝ちのジューヌエコール。無傷の3連勝もさることながら3戦すべて上り3Fメンバー最速の決め手を強調したい。大物の呼び声高いソウルスターリングは父母併せて16冠という超良血で2歳女王の資格は十分だが、やはり気になるのは直前輸送。器の違いで勝たれたらそれも納得の単穴▲。主力3頭の三つ巴中心に一角崩し候補として△印の3頭。

◎リスグラシュー

○ジューヌエコール゙

▲ソウルスターリング

△ヴゼツトジョリー

△ディーパワンサ

△レーヌミノル

 

カペラS(12月11日・中山11R)

スピード上位!コーリンベリー◎

本命◎はコーリンベリー。前走のJBCスプリントは小回り川崎の大外枠が応えての③着だが、終始外を回されての結果だけに評価を下げる必要はないだろう。昨年の同レースを逃げ切っているようにスピード上位は明らかだ。対抗○は近走充実のニシケンモノノフ。中団待機から直線でコースが空けば差し切りも十分。単穴▲にプロキオンSで〇を負かしているノボバカラ。ここ2走が案外で3番手評価に止めたが能力的には上位の存在。初ダートとなるエイシンブルズアイだが血統的にはむしろ芝より適性が高い可能性があり、いきなりの一発に特注★。△印の3頭も展開次第で上位浮上。

◎コーリンベリー

○ニシケンモノノフ

▲ノボバカラ

★エイシンブルズアイ

△キタサンミカヅキ

△タールタン

△マキャヴィティ