26
April , 2017
Wednesday


元WWEスーパースター、シャド・ガスパート コンビニ武装強盗を瞬殺!

2016年12月12日(月)03時46分更新

WWEで活躍をしていた時のシャド(左)とJTZ(@shadbeast13/instagram)

WWEで活躍をしていた時のシャド(左)とJTZ(@shadbeast13/instagram)

 米プロレス団体WWEの元スーパースター、シャド・ガスパード(35)が先週末、リアルな世界で武装強盗を瞬殺した――。

 フロリダ州コーラルスプリングスで10日深夜、シャドがコンビニで買い物していたところ、不審な若い男が近づき、いきなり「おい、おっさん。ビール買ってくれや」と脅し口調で強要した。

 シャドが「人にものを頼む時は、頼み方ってものがあるだろう」といさめたると、逆上した男は隠し持っていた銃を取り出したという。

 その緊迫した様子を目撃したコンビニ店員によると、シャドはすぐに男を店内の大型冷蔵庫に押しつけ、銃を奪うと、一瞬にして床に倒してピンフォール。そのまま、駆けつけた警察官に男を引き渡した。男は武装強盗罪で現行犯逮捕された。

 米芸能サイト「TMZ」の取材に、お手柄のシャドは、銃を見た瞬間、エアキャニスターがついていたのでエアガンだと見抜き、BB弾の詰まったマガジンをつかんで男から銃を奪ったと語った。

 TMZは「オレにBBガンを突きつけたバカなやつ」という見出しで報道。それもそのはず、シャドは身長203センチの大男で、超マッチョ。到底、一般人が挑発できる相手ではなかった。

 シャドは2000年代、WWEでJTG(ジェイソン・アンソニー・ポール=31)と組んだタッグチーム、クライム・タイムで活躍した。