12
December , 2017
Tuesday


ニューヨークのトランプタワー 著名人らによる〝トランプ詣〟相次ぐ 

2016年12月14日(水)03時16分更新
Pocket

トランプ氏を訪問したカニエ(@tritanoevans/instagram)

トランプ氏を訪問したカニエ(@tritanoevans/instagram)

 来年1月20日の米大統領就任式を前に、各界の著名人たちが“トランプ詣”で、相次いでニューヨークを訪れている。その1人がマイクロソフト社の創設者ビル・ゲイツ氏(61)。13日、トランプ・タワー内にあるドナルド・トランプ米次期大統領の豪邸を訪問し、エネルギー問題や教育、外交など多岐にわたり意見を交わした。

 同日はまた、ラッパーのカニエ・ウェスト(39)も同邸を訪れ、トランプ氏の長女イヴァンカ氏が同席し、次期大統領と約15分間雑談した。会見後、カニエを見送りに出てきたトランプ氏が「彼はいい友達だよ」と記者らに語った。

 カニエは先月、奇行を重ねた後、精神衰弱のため1週間措置入院。以来、メディアの前に姿を見せたのは今回が初めて。

 他にはNFL・プロアメリカンフットボールの元スーパースター、ジム・ブラウン(80)やレイ・ルイス(41)らもトランプ・タワーを訪れている。