29
June , 2017
Thursday


サトノアレス 底力あり大レースに強いディープ×デインヒル牝馬

2016年12月15日(木)09時01分更新

フランケル産駒の牝馬ミスエルテに注目が集まるが、ここは阪神1600メートルの2歳GⅠ3勝(朝日杯FS=ダノンプラチナ、阪神JF=ジョワドヴィーヴル、ショウナンアデラ)を誇るディープインパクト産駒のサトノアレスに期待したい。出遅れや道中の不利などでデビュー2戦は勝ちあぐねたが、未勝利→ベゴニア賞と連勝。前走ではメンバー最速の33秒8の瞬発力を見せており、阪神の外回りで自慢の末脚が生きそうだ。母サトノアマゾネス(父デインヒル)は3戦1勝。サトノアレスの全兄となるサトノヒーローは河北新報杯など4勝。サトノフェラーリも弥彦特別など現3勝を挙げている。祖母プローンカクテルは不出走馬ながら、GⅠシドニーC2着のオールダーザンタイムなど、子孫からはオーストラリアでの活躍馬が多数現れている。曽祖母は米GⅢハリウッドエクスプレスHに勝ったクリムゾンセイント。直子からBCマイル、ジュライCと2つのGⅠを勝った名種牡馬のロイヤルアカデミーⅡ、米重賞4勝のテルリングァ、米重賞3勝のパンチョヴィラを産んでいる。さらに孫からも大種牡馬のストームキャットが出たことにより、名牝の評価を不動のものにした。サトノアレスのディープインパクト×デインヒル牝馬の組み合わせは、中山大障害のレッドキングダム、オークス2着のエバーブロッサム、マイルCS2着、安田記念3着のフィエロと同じ。底力に富んでおり、大レースに強い。 (笹栗康昭)