28
July , 2017
Friday


◎血統予想 【中山10R・有馬記念】【中山9R・ホープフルS】【中山11R・ハッピーエンドC】

2016年12月24日(土)05時05分更新
Pocket

【中山10R・有馬記念】

3歳時のはなみずき賞以来、勝ち星から遠ざかっているサウンズオブアースが重賞初勝利をGⅠ制覇で飾り、「最強の2勝馬の」肩書きを返上する。父は10年の有馬記念の勝ち馬ヴィクトーワルピサをはじめ、中山コースを得意とするネオユニヴァース。母系はニューヨーク牝馬3冠の4代母クリスエヴァートにさかのぼる名門ファミリー。そこにホイストザフラッグ、セクレタリアト、ディキシーランドバンドと米国血統でも底力のある種牡馬が重ねられている。ディキシーランドバンドは01年の有馬記念で2着したアメリカンボスの母の父でもある。

◎サウンズオブアース
○キタサンブラック
▲ゴールドアクター
△サトノダイヤモンド
△シュヴァルグラン
△マリアライト

【中山9R・ホープフルステークス】

◎レイデオロ
○グローブシアター
▲サングレーザー
△ディアシューター
△アドマイヤウイナー
△メリオラ

【中山11R・ハッピーエンドカップ】

◎アルティマブラッド
○サフィロス
▲ナンヨーアミーコ
△シルヴァーコード
△イーグルアモン
△カトルラポール