17
October , 2017
Tuesday


predia2016年を締めくくる6周年ツアーファイナルで圧巻パフォーマンス!大人アイドルから実力派アーティストへと

2016年12月31日(土)01時00分更新
Pocket

 

 12月28日、東京・Zepp Tokyoで大人アイドルユニットpredia(プレディア)の全国ツアー「predia 6th Anniversary tour」ファイナル公演が行われた。prediaは、2010年結成の芸能事務所プラチナム・パスポート所属の10人組グループ。低年齢化が進むアイドル業界において平均年齢27歳、大人の色気と表現力を武器にこの〝アイドル戦国時代〟を6年間全力で駆け抜けて来た。

 

 本公演は2016年を締めくくる全国ツアーファイナルであると同時に、26日に30歳の誕生日を迎えたメンバー岡村明奈の生誕を兼ねたものとあってZepp Tokyoは開場前から駆けつけたファンの熱気で包まれた。

 

 オープニングVJが流れ、まぶしい逆光照明のなか登場する10人のシルエットに会場が一気にヒートアップ。新曲「禁断のマスカレード」のド派手なエレクトロ・サウンドのイントロが流れるとオーディエンスのコールで会場がひとつになった。高身長で美脚のメンバーが多いprediaだが、設けられたセンターステージへと10人が練り歩く姿は、まさにファッションショーのランウェイそのもの。トレンドをふんだんに取り入れたハイセンスな楽曲と大人数での美しいフォーメーションでのパフォーマンスは圧巻だ。

 

 後半「シルキーレイン」からは生バンド演奏も加わり、さらに迫力あるゴージャスな空間へ。岡村明奈の生誕とあってファンに事前に配布されたメッセージカードがメンバーの合図で一斉に掲げられるというサプライズも。30歳という年齢で活躍していけるprediaというフィールドはメジャーアイドルの新しい形なのかもしれない。

 

 アンコールではメンバー全員で作詞した「You’re my Hero」を披露。メインボーカルを務める湊(みなと)あかねの圧倒的な歌唱力に会場の空気は一変。アイドルという枠を越えたアーティストとしての実力と表現力を魅せつけた。ラストの「BABY KISS」まで全21曲ハイクオリティーなパフォーマンスでファン達と2016年を締めくくるにふさわしい夜となった。

 

 2017年1月25日発売のシングル「禁断のマスカレード」まで、新年早々リリースイベントや新たに始まる渋谷DUOでの定期公演、春からのツアーの発表など休む間もなく快進撃が続くprediaにとって2017年も大きな飛躍の年となりそうだ。

■predia オフィシャルサイト http://predia-party.jp/