24
September , 2017
Sunday


レイア姫役キャリー・フィッシャーと母親の合同葬は5日に身内だけで

2017年1月4日(水)03時34分更新
Pocket

在りし日のレイノルズさんとフィッシャーさん母子(@carriefisherofficial/instagram)

在りし日のレイノルズさんとフィッシャーさん母子(@carriefisherofficial/instagram)

 昨年末、相次いで亡くなった映画「スター・ウォーズ」シリーズのレイア姫役で知られるキャリー・フィッシャー(60)さんと、実の母親で往年のハリウッド女優デビー・レイノルズさん(84)の合同葬が5日、ビバリーヒルズで行われることが分かった。米芸能メディアが4日伝えた。

 フィッシャーさんは12月23日、ロンドンからロサンゼルスに向かう旅客機内で心臓発作を起こし、同市内の病院に搬送された。その日はなんとか一命を取りとめたが、27日に状態が急変。入院中の病院で死亡した。

 その翌日、レイノルズさんはフィッシャーさんの葬儀について、フィッシャーさんの弟で俳優のトッド・フィッシャーさん(58)宅で話し合っていた最中、心臓発作を発症し、一人娘の後を追うように亡くなった。

 トッドさんによると、葬儀は家族と親しい友人だけで行われ、6日ロサンゼルスの墓地に埋葬される。一般参列者を迎えて行うお別れ会の日程は今後発表される。