23
August , 2017
Wednesday


衝撃事実?!ディズニーアニメ「アナ雪」姉妹に有名な弟の存在が判明した

2017年1月6日(金)04時35分更新
Pocket

世界中で爆発的大ヒットした「アナ雪」(@disneyfrozen/instagram)

世界中で爆発的大ヒットした「アナ雪」(@disneyfrozen/instagram)

 こ、これは、まさかの展開だ…。2014年に世界中で爆発的ヒットとなったディズニーアニメ「アナと雪の女王」の主人公姉妹には弟がいたことが判明した。しかも、何を隠そう、その弟とはなんと! あのターザンだったというのだ。「アナ雪」を監督・脚本を担当したジェニファー・リーと、共同監督のクリス・バックが今週、米ウェブ掲示板「Reddit」で明かしたもの。

 2人は同掲示板で「私たち『アナ雪』のクリエーター。何でも聞いて」というスレッドを立て、アニメファンからの質問に答えた。

 同アニメでは、幼い姉妹エルサとアナの両親、アレンデール王国の王と妃は航海に出て遭難し、帰らぬ人となった。だが、ジェニファーによると、国王夫妻はジャングルの島に流れ着き「そこで妃は男の子を生んだ」というのだ。

 つまりそれがターザンで、姉妹の弟という設定なのだとか。実はクリス、1999年のディズニーアニメ「ターザン」の監督を務めた本人で、当時から「ターザン」と「アナ雪」を結びつける構想を練っていたそうだ。

 また、国王夫妻が渡航した驚きの目的も判明――。あのディズニーアニメ「塔の上のラプンツェル」の主人公ラプンツェルとフリン・ライダーの結婚式に出席するため、向かっていたというのだ。だが、遭難してしまった国王と妃は、流れ着いた無人島のジャングルで何とか暮らしていたが、やがてヒョウに食べられてしまうという衝撃の結末も明かした。

 「アナ雪」の次回作では、エルサとアナがついに弟ターザンと対面するのかも。