26
June , 2017
Monday


1枚の写真に世界が驚愕!こんな場所にフィリピン・ドゥテルテ大統領が…

2017年1月17日(火)04時29分更新

エコノミークラスにポツンと座っているデュテルテ大統領(Malacanang photo)

エコノミークラスにポツンと座るデュテルテ大統領(Malacanang photo)

 先週、フィリピンを訪問した安倍首相と首脳会談を行った同国のドゥテルテ大統領。実は年明けから5日間、国民の前から姿を消していたのだが、職務復帰初日は“トンデモナイ場所”にいる姿が公開され、世界中を驚かせている。

 その写真とは、ドゥテルテ氏が新年休暇を過ごした自宅のあるフィリピン南部ダバオから、首都マニラに戻る機内で撮影された1枚だ。よく見ると後方から2列目窓際の席に、1人の男性がポツンと座っている。その男性こそ、まぎれもなくドゥテルテ氏だ。

 驚くことに、同機は大統領専用機でもなければ政府チャーター機でもない、いたって普通の民間機。しかも、エコノミークラスというから更にびっくりだ。

 大統領から1席置いて通路側に座っているのはクリストファー・ゴウ大統領特別補佐官。当然、警護のシークレットサービスも搭乗しているだろうが、ものものしい雰囲気はない。

 安倍首相は12日の首脳会談後、翌日にはドゥテルテ氏の故郷ダバオを訪れ、大統領の自宅に招かれ、朝食を振舞われた。外交上、ホスト国の元首が招待国の相手を自宅に招待することは異例中の異例。その様子も公開されたが、意外にも大統領の自宅は豪邸とは程遠い庶民的なもの。これまでのフィリピン大統領といえば例外なく大富豪ばかりだったが、ドゥテルテ氏は同国初の“庶民出身”大統領。その飾らない性格が国民から支持されている理由なのは明らかだ。

大統領の自宅に招かれた安倍首相と昭恵婦人(@kantei/twitter)

大統領の自宅に招かれた安倍首相と昭恵夫人(@kantei/twitter)