26
April , 2017
Wednesday


◎血統予想 【中山11R・アメリカJCC】【中京11R・東海ステークス】【中山10R・アレキサンドライトS】

2017年1月21日(土)11時42分更新

【中山11R・アメリカジョッキークラブカップ】

皐月賞馬ディーマジェスティとクビ差の接戦を演じたセントライト記念と同じ舞台の中山2200m戦ならゼーヴィントが本命だ。4代母は米GⅠデラウェアオークスの勝ち馬パシフィックプリンセス。名繁殖パシフィカス(ナリタブライアン、ビワハヤヒデの母)やキャットクイル(ファレプノシス、キズナの母)と有名だが、ディープインパクト産駒で牝系がパシフィックプリンセスという配合はキズナ、ラストインパクト、モンドインテロ、ゼーヴィントとオープン馬が4頭も出ており、抜群の相性を示している。

◎ゼーヴィント
○タンタアレグリア
▲ナスノセイカン
△ミライヘノツバサ
△シングウィズジョイ
△リアファル

【中京11R・東海ステークス】

◎グレンツェント
○アスカノロマン
▲ピオネロ
△インカンテーション
△カゼノコ
△ロワジャルダン

【中山10R・アレキサンドライトステークス】

 ◎クラウンシャイン
○トップディーヴォ
▲スノーモンキー
△マウントハレアカラ
△ディアドムス
△ベルウッドケルン