15
December , 2017
Friday


G線上のホース AJCC 「堅いなら買い方で抵抗を」

2017年1月21日(土)08時33分更新
Pocket

中山11R AJCC

先週の競馬は異例の4日間開催。ここでは特に触れませんが、混乱を防げた気がするのは事実です。この4日間開催は馬は勿論、馬場や関係者にも少なからず影響が出るはずで、通常の開催に戻るには思いの外、時間が掛かりそうです。少し競馬疲れが有る方もいらっしゃるでしょうが、そういう時は買わないのも1つの手段だと思います。特に今週の両重賞は馬券で儲けるのが少し難しい。少し買い方を工夫してみますが、何よりも自分のペースを守って楽しむのが1番だと思います。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】リアファル 自信度★★★☆☆

◎リアファル
○ゼーヴィント
△ルミナスウォリアー
△タンタアレグリア
△ショウナンバッハ
☆ヤマニンボワラクテ

巷のドラマとは違って、競馬は「タラレバ」を言って良い競技。昨年の有馬記念での推奨を考えていたリアファルだったが、長期休養明けの金鯱賞から中2週での無理な競馬を避けた。もし出走していれば上位3頭に良い感じで詰め寄っていた様に思う。2015年の有馬記念(16着)はレース中の故障で度外視可能。ハイペースの菊花賞を強気の競馬で3着の実績が有り、この時が芝3戦目。ポテンシャルは相当でここは期待を込めての推奨。ゼーヴィントも前走は外国人騎手特有の逃げ馬を残してしまう競馬。完全に取りこぼしと言って良い。言葉にし難いが、今年のAJCCの勝ち馬はリアファルかゼーヴィントのどちらかでまず大丈夫だと思う。無理な穴狙いは避けて買い方で勝ちたい。その位、この2頭が抜けていると思う。
馬券は馬連一点と◎○からの3連複、3連単フォーメーション◎○⇔◎○→印各馬で組み立てる。肝心の相手だが外から差せる馬に注目し、ルミナスウォーリア、タンタアレグリア、ショウナンバッハの3頭に絞りたい。大穴だとヤマニンボワラクテもこの人気ならば押さえておく。

中京11R 東海S

【推奨馬】ピオネロ 自信度★★☆☆☆

◎ピオネロ
○グレンツェント
▲アスカノロマン
△モズライジン
△インカンテーション
△ロンドンタウン
△ロワジャルダン
☆メイショウウタゲ

シリウスS3着のアポロケンタッキーが東京大賞典を制覇。何よりも馬場が向いた形だが、現在はダートの絶対王者が不在で馬場やコースによって上位馬の着順が変わるのは当然とも言えよう。昨年の勝ち馬アスカノロマンの様に近年の東海SはフェブラリーSに直結しており、そういう意味でも東京コースで走りそうな馬を買えば良いとも言えよう。
ピオネロは初ダートから2連勝後の前述シリウスSで堂々の2着。それも直線で勝ち馬マスクゾロがヨレて追い辛くなる不利が有った。あれが無ければダート無敗のままでこのレースを迎える事になっていた。グレンツェントもアスカノロマンも強いのは承知だが、ピオネロにはそれ以上の魅力が有る。馬券だが◎⇔○▲→印各馬の3連単フォーメーションで組み立てる。

【純・推奨馬】

中山10R アレキサンドライトS トップディーヴォ 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
ダイワレジェンド、アースコネクターと行きたい馬が揃った組み合わせ。大外の差し馬に展開が向くと信じてここはトップディーヴォを信頼してみる。

京都10R 山科S メイショウスイヅキ 自信度★★★★☆

※単複のみ推奨
1年間待ってようやく使ってくれたパイロ産駒メイショウスイヅキの初ダート。気性難のこの馬にとって大外枠は大歓迎。ずっと芝を使っていたので折り合いを気にしていたが、ダート短距離のここは折り合いを気にせずに突っ走れる舞台。

京都6R 3歳メイクデビュー(芝1800m) ファンディーナ 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
ナムラシングンの半弟でターフファイトクラブの募集馬。実はこの馬の下の2歳馬も早い内に完売しており、とにかく希望溢れる血統。レーヴミストラルと互角以上に動いた追い切りからも前途洋々だろう。人気だが注目のデビュー戦。

京都4R 3歳500万下(ダ1400m) ヴィーナスフローラ 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
父ハーツクライ×母父キングマンボは交流重賞クイーン賞勝ち馬ディアマイダーリンと同配合。芝では現状パンチ不足だが、ダートならば大きく変わっても良い。この馬も初ダートでたまたま大外枠。狙い目は十分。