28
April , 2017
Friday


ハリウッド版「リング」の新作公開に先立ちテレビから〝貞子〟のドッキリ

2017年1月24日(火)04時29分更新

 1998年に大ヒットした日本のホラー映画「リング」のハリウッドリメイク版新作となる「リングス」の来月全米公開に先立ち、ホラー専門サイトが米国の家電ストアで、あの“貞子”がテレビ画面から這いずり出るドッキリを客に仕掛ける動画を公開し、話題を集めている。

 同サイト「ブラディー・ディスガスティング」は、テレビ売り場に置かれた1台の中に貞子(ハリウッド版では“サマラ”)を仕込み、客を恐怖に陥れるというもの。訪れた客に店員が商品の説明をし終わると、1台の画面が開いて、サマラが突然出てくる仕掛けだ。

 あまりのリアルさに「ぎゃ~!」と叫び声を上げて逃げ出す女性たちや、表情が凍りつく男性など、さまざまなリアクションが楽しめる。動画は23日、ユーチューブなどで公開された。

 新作「リングス」は、2002年の「ザ・リング」、05年の「ザ・リング2」に続く3作目。2月3日に全米で封切られる。