24
September , 2017
Sunday


ちょいワル火遊び馬券【根岸S】【シルクロードS】

2017年1月27日(金)02時30分更新
Pocket

根岸S(1月29日・東京11R)

末脚の威力は一級品!カフジテイク◎

距離不適と思われたGⅠチャンピオンズCでも1馬身差の④着まで押し上げてきたカフジテイク。ここにきての地力強化は著しく、得意の1400mなら上り34秒台の決め手がフルに生きるとみて◎。ベストウォリアは7歳になったが一連のGⅠ戦線でも全く崩れておらず実績的に対抗○。暮れのファイナルSでの末脚が強烈だったエイシンバッケンに単穴▲。絶好調田辺が駆るラストダンサーが連勝中の勢いで一角崩しの筆頭★。まだ底を見せていないベストマッチョだが、オープン初戦が重賞となる今回は△まで。以下、ニシケンモノノフ、ノボバカラ、キングズガードの順。

◎カフジテイク

○ベストウォリア

▲エイシンバッケン

★ラストダンサー

△ベストマッチョ

△ニシケンモノノフ

△ノボバカラ

△キングズガード

 

シルクロードS(1月29日・京都11R)

能力非凡!ソルヴェイグ◎

明け4歳の成長度に期待して本命◎にソルヴェイグ、対抗○にセイウンコウセイとした。ソルヴェイグは昨秋のスプリンターズSで古馬に伍してタイム差なしの③着。非凡なスプリント適性を実証しており、順調な調教過程から休み明けも難なくクリアするとみる。セイウンコウセイは前走の淀短距離Sでセカンドテーブル以下に完勝しているように初重賞でもスピード的には引けを取らない。昨年の覇者ダンスディレクターは京都コース(5301)のスペシャリスト。ハンデも許容範囲に収まり連覇十分の単穴▲。充実一途のネロに特注★。セカンドテーブル以下△印4頭も③着なら。

◎ソルヴェイグ

○セイウンコウセイ

▲ダンスディレクター

★ネロ

△セカンドテーブル

△ブランボヌール

△ラインスピリット

△ブラヴィッシモ