16
December , 2017
Saturday


ものまね紅白歌合戦MVP・みはる47歳生誕ライブにサプライズゲストも!

2017年2月10日(金)11時45分更新
Pocket

 

 ものまねタレントみはるの47歳を祝う単独ライブ「みはる聖誕祭~肉(2/9)の日に生まれて2017~」が9日、神奈川・川崎セルビアンナイトで行われた。

  みはると言えば、フジテレビ系「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦2016春スペシャル」で中島みゆき「旅人のうた」の歌まねでMVP賞を獲得し涙した姿が記憶に新しい。芸歴も20年とあって、その交友関係も幅広く、友人・いとうあさこの「誕生日にライブをすると寂しくないよ」という一言がきっかけで昨年から生誕ライブを開催しているという。豪華な生演奏、若手イケメンプレイヤー陣を従えてのものまねライブは駆けつけたファンで満席。

  ブラウンと白のガーリーなステージ衣装で登場したみはるは中森明菜、ドリームズ・カム・トゥルー吉田美和を本格的な歌まねで熱唱。MCでは自虐ネタでしっかり会場に笑いを誘う。また、”ものまね”ではない尾崎豊「ふたつの心」のカバーや、自ら詞を手掛けたというオリジナル楽曲「光かざして」を披露しシンガー「みはる」としての一面も見せた。

  2部ではサプライズゲストとしてお笑いタレントねずっちと、プライベートでも仲が良いという椿鬼奴が登場し息の合ったトークで会場を沸かせた。BoAのものまねでは激しいダンスにも挑戦。47歳とは思えない軽快な動きでプロ根性を見せつけ、数ある持ちネタの中から森高千里、倖田來未、CHARA、薬師丸ひろ子、松任谷由実、天童よしみ、工藤静香をデフォルメ感溢れるものまねメドレーで会場を爆笑の渦に。

  アンコールでは中島みゆきの「命の別名」「ヘッドライトテールライト」で凄みのある歌唱力とクオリティーの高い歌まねでファンを圧倒。感動的なフィナーレでイベントを締めくくった。

  お茶の間を沸かせるものまねタレントみはるのテレビの尺では収まりきれない真の実力が詰め込まれた内容であり、人柄が滲み出るライブであった。来年度の開催も待ち遠しい。(村タク)

 

みはるTwitter https://twitter.com/miharu_ufufu