16
December , 2017
Saturday


◎血統予想 【東京11R・ダイヤモンドS】【京都11R・京都牝馬S】【東京10R・金蹄S】

2017年2月17日(金)01時31分更新
Pocket

【東京11R・ダイヤモンドステークス】

ステイヤーズSを連覇したあとの有馬記念でも7着と健闘。アルバートは年齢を重ねてさらに強くなっている。祖母アンデスレディーはオーバーザウォール(福島記念)、サンバレンティン(七夕賞、福島記念)、インティライミ(京都大賞典、京都新聞杯、朝日CC)と3頭の重賞勝ち馬を送り出した名繁殖。インティライミのダービー2着などレディチャッターにさかのぼる牝系にとってGⅠには長く手が届かなかったが、ラブリーデイが宝塚記念、天皇賞・秋を制し、その壁を突き破った。アルバートにもステイヤーズS3連覇はもとより、さらに上を期待したい。

◎アルバート
○カフジプリンス
▲ファタモルガーナ
△ラブラドライト
△フェイムゲーム
△プレストウィック

【京都11R・京都牝馬ステークス】

◎アルビアーノ
○ナックビーナス
▲ワンスインナムーン
△アットザシーサイド
△エテルナミノル
△スナッチマインド

【東京10R・金蹄ステークス】

◎ウインユニファイド
○サハラファイター
▲タガノハヤテ
△レッドサバス
△ベルウッドケルン
△デビルズハーツ