28
June , 2017
Wednesday


G線上のホース フェブラリーS 「内から響く遁走曲」

2017年2月18日(土)09時37分更新

東京11R フェブラリーS

早くも今年の中央競馬初のGIとなるフェブラリーSを迎えます。チャンピオンズCの覇者サウンドトゥルーの鞍上発表が木曜日まで無く、前哨戦を勝ったカフジテイクも乗り替わり。2頭の脚質が脚質だけにこの時点で少々波乱含みです。今に始まった事では無いのですが「牧場サイドの使い分け」と「騎手の乗り替わりの理由」を理解していた方が昨今の中央競馬の馬券を買う上では有利に働くかもしれません。ただそれを知っていたからこそ馬券を獲って儲かる訳では決して有りません。今回のフェブラリーSは少々無理な狙いかもしれませんが、「そういう考えも出来るかな」と少しでも響いて頂ければ幸いです。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ホワイトフーガ 自信度★★☆☆☆

◎ホワイトフーガ
○コパノリッキー
▲カフジテイク
△ゴールドドリーム
△ベストウォーリア
△アスカノロマン
△ノンコノユメ
☆ケイティブレイブ

JRAにはダートGIが2つしかなく、距離も違えばコースも違う。当然、求められる適性も変わってくるのでチャンピオンズCの好走馬をそのままフェブラリーSで買えば良い訳では無い。今年はチャンピオンズCの1着馬サウンドトゥルーと4着馬カフジテイクが乗り替わりで出走。2着馬アウォーディーは回避し、3着馬アスカノロマンは東海Sで大敗。おまけにその東海Sの1~3着馬は出走すらせず、暮れの東京大賞典、年明けの川崎記念の勝ち馬も不在。前置きが長くなったが、何を言いたいかというと「今年のメンバーはかなり薄い」。レコード決着だった昨年と違う馬場になる事はほぼ確実でそこも踏まえて考えたい。
昨年は5番人気だったホワイトフーガの激走に賭けたい。結果10着に終わった敗因は高速馬場に尽きる。前走のTCK女王盃は58キロの斤量と1800mの距離に泣き3着も、2走前はJBCLクラシックを楽勝しており能力自体の劣化は無い。3歳時の端午Sではカフジテイクを退けて勝利の経験も有るし、そもそも中央の馬場を走るのが1年ぶり。昨年よりもメンバーが揃っているとは言い難く、牝馬でも今年の相手ならば1発有る。そう、あの時のサンビスタの様に。サウンドトゥルーにとっては恵まれた最内枠になったが、本質的に芝スタートは合わないので消す。楽に行けるコパノリッキー、どんな流れでも上りだけは通用するカフジテイクが本線。馬券は単複と3連複軸1頭流しで勝負する。

小倉11R 小倉大賞典

【推奨馬】ケイティープライド 自信度★★☆☆☆

◎ケイティープライド
○ベルーフ
▲ダノンメジャー
△マイネルハニー
△ストロングタイタン
△ダコール
△フルーキー
☆レッドソロモン

小倉の中距離で圧倒的なパフォーマンスを見せるハービンジャー産駒。ただ1800mよりは2000mでの好走が目立ちベルーフに全幅の信頼は置きにくい。先行勢がかなり揃っており、相当なハイペースも覚悟。それならば走っても走ってもハンデが一向に増えないケイティープライドでも目処が立つ。
前走の朝日CCも今回と同斤量で3着。4走前の函館記念も同斤量で2着。昨年のこのレースも同斤量で僅差の4着。この辺りはハンデキャッパーの絶妙な匙加減で本当に感心するが、これだけ好走しても全くハンデが変わらないパターンもそうない。前の馬が行った行ったで決まるケースで出番は無さそうだが、今年は展開面を加味しても特注の存在。馬券はこの馬から行ってみる。馬連、3連複軸1頭流しで組み立てる。

【純・推奨馬】

東京12R 大島特別 ワンパーセント 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
珍しく最終レースからの推奨。馬柱が汚れているが2走前は現オープン馬ベストマッチョ、レッドゲルニカの2頭と僅差。パサパサのダートで得意の東京で距離短縮ならば巻き返し可能。

東京9R ヒヤシンスS ハイパーノヴァ 自信度★☆☆☆☆

※単複のみ推奨
ダート界の至宝になる可能性を持つエピカリス、超良血馬フォギーナイト、ケンタッキーダービー参戦を視野のモンサンレガーメ、ダート替わりで才能開花の有ディラートと多士済済。東京は初出走で人気の盲点なのがハイパーノヴァ。外を回り余裕綽々で勝ち切った中山でのレースぶりは非凡。新種牡馬アイルハヴアナザー産駒で現在唯一の2勝馬。相手の壁が高いが少額だけ狙ってみたい。

東京4R 3歳未勝利(芝1600m) キングリッド 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
母イングリッドは4戦3勝で引退したディープインパクト産駒。新馬戦は500万下で連続好走しているシンボリバーグ相手に肉薄の2着。競馬だけを見るとこちらの方がスケールを感じさせる走りだった。ちょうど人気も割れそうで、ここは頭を期待して買う。