26
September , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【アーリントンC】【中山記念】【阪急杯】

2017年2月24日(金)02時30分更新
Pocket

アーリントンC(2月25日・阪神11R)

堅実無比!ディバインコードに◎

ジュニアCで馬場入り後に放馬するアクシデントがありながら際どい➁着に好走したディバインコードに◎。これまで5戦して④着以下なしの堅実派で、京王杯2歳S③着の重賞実績もある。対抗○はシンザン記念③着のペルシアンナイト。当時は道悪に持ち前の末脚が削がれた印象があり、開幕週の良馬場なら逆転十分。新潟2歳S勝ちの牝馬ヴゼットジョリーは阪神JFで大幅な馬体減があっての➄着、休養で回復しているようなら実績侮れず単穴▲。朝日杯FSではイレ込みと道中の接触で能力を発揮できなかったレッドアンシェルの巻き返しに特注★。シンザン記念勝ちのキョウヘイは脚質と良馬場でのスピードに?があり△に止めた。

◎ディバインコード

○ペルシアンナイト

▲ヴゼットジョリー

★レッドアンシェル

△キョウヘイ

△ナンヨーマーズ

△ミラアイトーン

 

中山記念(2月26日・中山11R)

仕上げ順調、リアルスティール◎

リアルスティールは菊花賞➁着があるように世代限定なら長距離もこなしたが、昨年のジャパンC➄着をみるとやはり適距離は(3110)の1800m。自身初のGⅠ制覇がドバイターフだったことからも明らかだ。同レース連覇に向けて中間の調整に怠りなし、9分の仕上げにはあるとみて◎。アンビシャスは昨年の当レースで◎に先着しているが、今年からGⅠに昇格した大阪杯が目標?で仕上げ一息の感があり〇の評価。一昨年の当レースを制したヌーヴォレコルトが▲。当時ロゴタイプ、イスラボニータの両皐月賞馬を負かしており地力でも引けを取らない。54kは有利で鞍上岩田も昨年の大スランプから脱している。ツクバアズマオーが金杯快勝の勢いで一角崩しを狙う★

◎リアルスティール

○アンビシャス

▲ヌーヴォレコルト

★ツクバアズマオー

△ロゴタイプ

△ネオリアリズム

△サクラアンプルール

 

阪急杯(2月26日・阪神11R)

シュウジさらに上昇の◎

好ステップの阪神Cから直行する2頭を主力視。①着のシュウジは何と1年3か月ぶりの勝利だったが、スプリンターズSでも0秒1差④着しているように今年のスプリント界の主役候補。上積みも大きそうで重賞連覇を期待の◎。一方➄着だったロサギガンティアは出遅れが最後まで響いた格好で上り3Fは◎と同じメンバー最速を記録している。今回は斤量が◎と逆転して1k軽くなるのも有利で文字どおり五分の対抗馬○とする。3番手評価の▲に距離・コース適性抜群のブラヴィッシモ。★に阪神コースが合いそうなトーキングドラム。阪神5勝のテイエムタイホー以下△印各馬も展開次第で上位浮上。

◎シュウジ

○ロサギガンティア

▲ブラヴィッシモ

★トーキングドラム

△テイエムタイホー

△ヒルノデイバロー

△ミッキーラブソング

△ナガラオリオン