15
December , 2017
Friday


◎血統予想 【中山11R・中山記念】【阪神11R・阪急杯】【中山10R・ブラッドストーンS】

2017年2月25日(土)04時18分更新
Pocket

 【中山11R・中山記念】

 GⅠ馬4頭が顔を揃えたが、札幌記念でモーリスを撃破した大物食いネオリアリズムの一発に期待する。オーシャンスSを勝ったアイルラヴァゲイン(父エルコンドルパサー)、安田記念、豪GⅠジョージライダーSなど重賞4勝のリアルインパクト(父ディープインパクト)の半弟となる。母トキオリアリティーはフローラS2着など芝・ダート兼用のスプリンターだったが、繁殖としてはそれ以上に成功している。父がネオユニヴァースに替わってネオリアリズムは兄2頭よりも距離が持つ。スンナリ先行できれば札幌記念の再現も夢ではない。

 ◎ネオリアリズム
 ○アンビシャス
 ▲リアルスティール
 △ヴィブロス
 △ロゴタイプ
 △ヌーヴォレコルト

 【阪神11R・阪急杯】

 ◎ロサギガンティア
 ○シュウジ
 ▲ヒルノデイバロー
 △トーキングドラム
 △ブラヴィッシモ
 △ミッキーラブソング

 【中山10R・ブラッドストーンステークス】

 ◎ドラゴンゲート
 ○アトランタ
 ▲ナリタスターワン
 △ヒカリマサムネ
 △ヴァーノン
 △ゲマインシャフト