26
September , 2017
Tuesday


G線上のホース 中山記念 「馬場が同じなら来る馬も一緒」

2017年2月25日(土)07時00分更新
Pocket

中山11R 中山記念

先週のフェブラリーS、さすがにホワイトフーガは無謀で完全な力不足でした。驚いたのは結果…というよりは配当です。あの結果で3連単が万馬券にならないとは、買う側が巧かったと言うしかありません。思っていたよりサウンドトゥルーが売れず、ベストウォリアーは連軸でちゃんと売れる。終わってみれば当たり前かもしれませんが、やはり競馬でそれも馬券で勝つのは難しいと実感しました。今週は両重賞が別定で、いずれも開幕週。波乱は起きにくいので馬の選択と買い方が肝になりそうです。小倉も今週からBコースに変わっているので、馬場の見極めは欠かせません。もう春がそこまで来ています。今週は少々控えめに勝負したい次第です。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】アンビシャス 自信度★★★☆☆

◎アンビシャス
○ヴィブロス
▲ヌーヴォレコルト
△リアルスティール
△ツクバアズマオー
☆サクラアンプルール

昨年もこのレースでアンビシャスを推奨したが、今年も同じく狙う。昨年の開幕週時よりは差し・追い込みが利かないイメージ。それでも昨年も土曜開催だったアクアマリンSで2着のブレイズエターナルが今年も追い込んでの3着。時計は少々掛かっていたが、やはり昔の開幕週=先行有利では無くなって来ている。
昨年の中山記念でアンビシャスが繰り出した上がり3Fはドゥラメンテを0.5秒上回る33.6秒。結果は2着だが追い出しのタイミング1つで先着してもおかしく無い程に際どいレースだった。昨年の天皇賞でリアルスティールに先着されているが、伸びる外を通ったリアルスティールに対してアンビシャスが通ったのは伸びない内。昨年の中山記念ではリアルスティールを子供扱いしており、今年も同じと考える。相手に面白いのはヴィブロスとヌーヴォレコルトの牝馬勢。前者は秋華賞以来の競馬になるが致命的な不利が有った2走前の紫苑Sからも中山の差し比べならば1発が有り得る。後者は前走の香港ヴァーズがハイレベルで、京都記念では出走馬のワンツーだった。馬券だが頭固定で○▲を本線に馬単流し、3連単だと◎→○▲△△→印全頭のフォーメーションで攻めてみる。

阪神11R 阪急杯

【推奨馬】シュウジ 自信度★★☆☆☆

◎シュウジ
○ブラヴィッシモ
▲ロサギガンティア
△トーキングドラム
△メドウラーク
△ミッキーラブソング

ちょっと馬券を買って儲けるには難しいレース。シュウジは父父フジキセキ、ロサギガンティアは父フジキセキと当コースに強い種牡馬。シュウジは昨年の阪神Cの勝ち馬。前に行ける脚も有るし、ここでは力が抜けてている。唯一狙えるとしたら、インの先行有利という馬場傾向でロサギガンティアの差し損ね。ならばそういうタイプの馬を据えてみる。昨年同レース3着のブラヴィッシモは今の阪神には最適なタイプ。距離短縮で思い切って乗れれば、トーキングドラムやメドウラークの食い込みまで有って良い。馬券は3連単の頭固定で◎→印各馬への20点で金額を少なくして狙ってみたい。

【純・推奨馬】

小倉10R 日田特別 ハリウッドクイーン 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
母エイムアットビップは阪神JF3着の早熟馬。ハリウッドクイーンは中央で勝ち上がれなかったが、地方で勝ち上がり出戻り。脚が溜まれば良い脚を使えるが、前走は暴走気味の追走。ここは後ろから行ければ見直せるが…後は厩舎と騎手がどう考えるか。

小倉7R 4歳上500万下(芝2600m) ラッシュアワー 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
小倉芝2600mでなぜか強いストーミングホーム産駒。ちょうど良いタイミングでラッシュアワーが出走。前走は福島の芝2000mで最速上がり。今回の距離延長も、荒れた馬場から綺麗な馬場に変わるのもプラスに働くはず。