26
September , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【金鯱賞】【フィリーズレビュー】【中山牝馬S】

2017年3月10日(金)02時29分更新
Pocket

金鯱賞(3月11日・中京11R)

近走充実ヤマカツエース!

12月に施行されていたレースが今年は3月に移行した。その3か月前の勝者ヤマカツエースは直後の有馬記念でも見せ場たっぷりの④着、上り3Fはメンバー最速を記録してまさに充実一途の感がある。追切りでも2週続けて絶好の動きを見せており連覇濃厚の◎。小倉大賞典で本命に推したヒストリカルに対抗○。展開待ちは承知の上で晩成タイプの再覚醒に期待する。単穴▲は昨年秋の天皇賞と香港カップでともに③着したGⅠの常連ステファノス。特注★はこのコースのRホルダー、パドルウィールの巻き返し。東京新聞杯での末脚が目立ったプロディガルサン以下△印の馬も展開次第で上位進出がある。

◎ヤマカツエース

○ヒストリカル

▲ステファノス

★パドルウィール

△プロディガルサン

△ルージュバック

△ナスノセイカン

△ルミナスウォリア

 

フィリーズレビュー(3月12日・阪神11R)

距離短縮でレーヌミノルが必勝態勢!

阪神JFは好位差しで③着、クイーンカップは逃げ粘っての④着。マイル戦では一息決め手を欠くが、今回のメンバーなら実績的にレーヌミノルが抜けており1400mのここは必勝態勢の◎。対抗○は唯一の3勝馬ジューヌエコール。阪神JFは接触の不利あっただけに不問に付し、牡馬相手に勝ち切ったデイリー杯2歳Sを高く評価する。デムーロの手に戻るカラクレナイが2連勝中の勢いで単穴▲。前走は今回と同じ舞台での快勝だった。先手を主張しそうなベルカプリに★。すでに8戦のキャリアがあるが、前走の500万条件戦では逃げて差し返す勝負強さを見せており軽視不可。伏兵は△印4頭。

◎レーヌミノル

○ジューヌエコール

▲カラクレナイ

★ベルカプリ

△アズールムーン

△ゴールドケープ

△タガノカトレア

△ビーカーリー

 

中山牝馬S(3月12日・中山11R)

前走鮮やか!フロンテアクイーン◎

前走の準オープン初音Sを上り33秒2の末脚で快勝!フロンテアクイーンが再び重賞戦線に戻ってきた。3歳クラシック路線ではここに出走するビッシュ、パールコードに差をつけられていたが、休養を挟んで急成長、その差を一気に詰めた感がある。今回は53kの恵量に加え順調度でも両馬に勝り本命◎。〇にビッシュ。昨秋は不振だったがオークス③着の地力と紫苑S圧勝のコース適性で休み明けを克服する。これと五分の力があるパールコードが単穴▲。一角崩しがあれば中山巧者クインズミラーグロで特注★。マジックタイムはハンデ56kでのラストラン、敢えて△まで。

◎フロンテアクイーン

○ビッシュ

▲パールコード

★クインズミラーグロ

△マジックタイム

△ウキヨノカゼ

△トーセンビクトリー

△サンソヴール