12
December , 2017
Tuesday


G線上のホース フィリーズR「つまらない予想」

2017年3月11日(土)07時15分更新
Pocket

阪神11R フィリーズR

弥生賞で推奨したダイワキャグニーは9着に惨敗。少しの出負けも有りましたが、明らかにコーナーの曲がり方がおかしく、右回りが合わない印象で全く競馬になりませんでした。いささか過剰人気気味で、いずれにせよ良い推奨馬とは言えませんでした。だからと言って、同馬の評価を大きく下げる訳ではないですし(左回りで見直せば良い)、次週のスプリングSではしっかりと狙うべき馬を狙う予定です。今週は少しつまらない予想になりましたが、レースでは本当に詰まらないで頂きたいです。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】レーヌミノル 自信度★★★☆☆

◎レーヌミノル
○カラクレナイ
▲アカカ
△ベルカプリ
△ゴールドケープ
☆タガノカトレア
☆アズールムーン
☆ヤマカツグレース
☆ラーナアズーラ

レーヌミノルは桜花賞では買わないが、今回は全力で買いたい。阪神JF(3着)、クイーンC(4着)と善戦しているがマイル以上で一線級を相手にしては正直苦しい。昨年のメジャーエンブレムを例にとると、ダイワメジャー産駒は桜花賞で速い上がりが使えずに負けるケースが容易に想像出来る。ただ昨年の当レース勝ち馬はダイワメジャー産駒のソルヴェイグだった。全て推測に過ぎないが、陣営もそれを意識して相手も薄く得意距離の1400mであるこのレースを意識したローテーション。人気になろうがこの馬の軸は揺るがない。
相手選びが難しい。個人的には単複以外は買いたくないがあえて挙げると上の順。過去のレース傾向からもダート血統やダート適性の有る馬が食い込む可能性が有るのでその辺りをフォローする。買うならば頭固定の3連単、3連複軸1頭流しで組み立てる。

中山11R 中山牝馬S

【推奨馬】シャルール 自信度★★☆☆☆

◎シャルール
○ビッシュ
▲フロンテアクイーン
△マジックタイム
△パールコード
△クインズミラーグロ
△デニムアンドルビー

社台グループ関連のクラブ馬はルール上、6歳の3月で引退するのが契約上決まっている。まだまだやれそうなマジックタイムも実質の引退レースとなるが、繁殖入りを直前に控えて極限の仕上げを施すとは考えにくい。既に重賞を勝っており強いのは認めるが個人的な趣向からもここは軽視する。
昨秋好走した明け4歳馬を買いたい気持ちも有るが、ここは5歳馬シャルールを買いたい。右回り【2.5.2.2】に対して左回りは【2.0.0.5】で、前走の愛知杯(12着)と3走前の府中牝馬S(10着)、5走前のヴィクトリアM(18着)は言わば必然の凡走。2走前のエリザベス女王杯(15着)は単純なる力負けで、今回は4走前のクイーンSと同じ右回りで同じ距離のハンデ戦。初の中山になるがゼンノロブロイ産駒の牝馬はバウンスシャッセが同レースを制しており、大きなマイナスになる事はまずあるまい。相手が割れそうで難解では有るが、馬券はこの馬の単複と馬連、3連複軸1頭流しで勝負する。

【純・推奨馬】

中京11R トリトンS アイライン 自信度★☆☆☆☆

※単複のみ推奨
父ローレルゲレイロの代表産駒と言っていいアイライン。父父はキングヘイローなので距離短縮で激走しやすい血筋。いかにも向いていそうな左回りの中京コースならば穴で一考。差し馬場ならば当然、評価を上げたいところ。

中京10R 昇竜S タイセイブレーク 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
半兄のラインフェルスが直前の9Rに出走するタイセイブレーク。他にも初ダート組は気になるが、ラッシュアウトは小柄。レヴァンテライオンは早熟の可能性も有るので、兄弟にダート実績があり尚且つ500キロ前後のこの馬を買ってみたい。

中山9R 房総特別 サフィロス 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
前走のハッピーエンドCでは直線で前が詰まり残り200mから追い出す始末。今回も詰まる可能性が無いとは言い切れないが、重賞2着の実績からも潜在能力は確か。キンシャサノキセキ産駒だけにこの距離の適性もかなり高い。

中山4R 3歳未勝利(ダ1800m) サトノグリーン 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
フォレストリー産駒なのになんでこんな条件を使っていたのだろう?と問い詰めたくなるサトノグリーン。昨年の千葉サラブレットセールにおいて約2500万で落札されている様に当時から評価は高かった。距離だけは微妙だが、母系からも完全にダート志向でこの初ダートは買いの一手。