26
June , 2017
Monday


女優ミーシャ・バートン「一番恐れていた事が現実になった」その内容とは

2017年3月16日(木)04時48分更新

元カレをリベンジポルノで訴えたミーシャ(@mischamazing/instagram)

元カレをリベンジポルノで訴えたミーシャ(@mischamazing/instagram)

 ハリウッド映画「彼女に首ったけ!」や米青春ドラマ「The O・C」で知られる米女優ミーシャ・バートン(31)が今週、「一番恐れていた事が現実となってしまった」と告白。その“恐れていた事”とは、元カレによるリベンジポルノだった。

 米芸能サイト「E!オンライン」によると、ミーシャは15日、ロサンゼルスで弁護士と共に記者会見し、過去に交際した男性が、ミーシャとのセックスビデオを隠し撮りしていたと説明。破局後、元カレが動画を50万ドル(約5660万円)で売るため、アダルトビデオメーカーに接触しているとの情報を知り、すぐに警察に通報したことを明らかにした。

 また、ビデオを第三者に売却できないよう、裁判所に仮差し止め請求し、すでに認められたことも明らかにした。

 一方、ロサンゼルス市警はE!オンラインに「通報を受けて調書を作成した。現在、正式な捜査を検討中だ」と文書で回答した。

 15日の会見でミーシャは「自分が愛し、信頼していた相手が、自分の合意もなしに、最もプライベートな姿を隠し撮りしていたことにとても心を痛めています」と悲痛な表情で語った。

 米芸能サイト「TMZ」によると、問題の動画を撮影したのは、昨年10月から短期間交際していたジョン・ザカリアスという男性で、“男女の親密な関係”やシャワー中の裸を隠し撮りしたものだという。

 また、裁判所の仮差し止め命令が下されたのは2人で、ビデオ撮影者の男性と、その後、これもまた短期間交際していたアダム・ショーという人物。弁護士によると、ビデオや写真を所持している可能性があるのは、その2人だけとしている。

 というのも、隠し撮りした男性は破局後、ミーシャの新カレに「自分はミーシャのセックスビデオや写真を撮った」と自慢げに話していたことが判明。男性2人はもともと友人同士で、2人がビデオや写真を共有している可能性もあり、ミーシャは「彼らが今後何をするか、とても怖い」と訴えた。