22
August , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【ファルコンS】【スプリングS】【阪神大賞典】【フラワーカップ】

2017年3月17日(金)02時30分更新
Pocket

ファルコンS(3月18日・中京11R)

父に続け!マイネルバールマン

09年の当レースの覇者ジョーカプチーノの産駒マイネルバールマンとジョーストリクトリに◎〇を打つ。前者は暮れのクリスマスローズSを好位から抜け出して勝ったあと、今年1月のクロッカスSでもタイムトリップに0秒1差の④着と堅実に走っており力を要する中京の馬場も合いそうだ。後者は2走前の当コースでなずな賞勝ちがあり、前走のアーリントンカップも➄着と崩れていない。ジュニアカップの後方一気が圧巻だったナイトパナレットが単穴▲で、朝日杯FSで③着に逃げ粘ったボンセルヴィーソに★。以下、コウソクストレート、ダイイチターミナル、デスティニーソング、ジャッキーの4頭に△。

◎マイネルバールマン

○ジョーストリクトリ

▲ナイトパナレット

★ボンセルヴィーソ

△コウソクストレート

△ダイイチターミナル

△デスティニーソング

△ジャッキー

 

スプリングS(3月19日・中山11R)

資質は重賞級!アウトライアーズ◎

ここ3年は前走500万勝ちの馬が勝利している傾向を踏まえ、ひいらぎ賞を直線一気の快勝から臨むアウトライアーズに◎を期待する。重賞は初挑戦になるが、前々走の百日草特別でもアドマイヤミヤビ、カデナと差のない③着。両馬がともにその後の重賞を勝っていることからも能力の高さには疑いがない。〇は格的上位の2歳王者サトノアレス。単穴▲が絶好調デムーロ騎乗のトリコロールブルー。特注★にコーナー4つの小回りコースで先行の利がありそうなオールザゴー。以下共同通信杯➁着のエトルディーニユ、若竹賞快勝のウインブライト、持ちタイム上位のプラチナヴォイス、完成度の高いモンドキャンノに△印。

◎アウトライアーズ

○サトノアレス

▲トリコロールブルー

★オールザゴー

△エトルディーニユ

△ウインブライト

△プラチナヴォイス

△モンドキャンノ

 

阪神大賞典(3月19日・阪神11R)

距離適性でシュヴァルグラン◎

昨年の菊花賞、有馬記念馬サトノダイヤモンドと、昨年の当レース勝ち馬シュヴァルグランの2強対決。直接対戦した有馬記念は勝ったサトノが55k、シュヴァルは57kでの⑥着でタイム差は0秒5。今回は共に57kの同斤でその差は詰まる。3000mにより適性があるのはシュヴァルという見立てでこちらを本命◎とした。サトノが対抗の〇。単穴▲は付けずに3番手評価の★に56kの日経新春杯でシュヴァルを負かしているレーヴミストラル。押さえの△に万葉S勝ちのタマモベストプレイとダイヤモンドS④着のトウシンモンステラ、さらにワンアンドオンリー、トーセンバジル。

◎シュヴァルグラン

○サトノダイヤモンド

★レーヴミストラル

△タマモベストプレイ

△トウシンモンステラ

△ワンアンドオンリー

△トーセンバジル

 

フラワーカップ(3月20日・中山11R)

ここは通過点!大器ファンディーナ◎

新馬、500万特別をともに圧勝して一躍桜花賞候補に浮上した新星ファンディーナ。折り合いに全く不安がないので中山のコーナー4つも問題なしとみて頭有力の◎。対抗○は初戦の2000m、次走の1800mと中山コースで2連勝しているデアレガーロ。コース適性とルメールの手綱さばきで逆転を狙う。単穴▲にはサンティール。牡馬相手の京成杯は出遅れが響いての⑦着も、その前の中山未勝利勝ちはタイム的にもレースぶりにも見どころがあった。阪神JF④着のディーパワンサに★。あとはクイーンカップ➄着ハナレイムーン、フェアリーS③着モリトシラユリ、末脚確かなシーズララバイまで。

◎ファンディーナ

○デアレガーロ

▲サンティール

★ディーパワンサ

△ハナレイムーン

△モリトシラユリ

△シーズララバイ