18
October , 2017
Wednesday


昨秋パリで襲われたキム・カーダシアンに続き今度は妹ケンダルが窃盗被害

2017年3月17日(金)03時49分更新
Pocket

2300万円相当の宝石類が盗まれたケンダル(@kendalljenner/instagram)

2300万円相当の宝石類が盗まれたケンダル(@kendalljenner/instagram)

 米人気スーパーモデル、ケンダル・ジェナー(21)のロサンゼルスにある豪邸に今週、何者かが侵入し、20万ドル(約2300万円)相当の宝石類が盗まれたことが分かった。

 米メディアによると、ケンダルは15日正午ごろ外出し、同日午後8時ごろに帰宅。家は荒らされた様子もなく、すぐには異変に気づかなかった。ところが日付が変わった16日未明、寝室にあったはずの宝石類が無くなっていることに気づき、慌てて警察に通報した。

 ケンダルといえば、10年以上続く全米で人気のリアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるカーダシアン・ジェンナー家の四女

 番組は、同家の人々が暮らす、それぞれの自宅を舞台に、裕福で派手な暮らしぶりを披露。そのことから「犯罪の標的になるのでは」と心配する声が上がっていた。

 そんな懸念が昨年10月、現実となった。ケンダルの姉で同家の次女キム・カーダシアン(36)が、パリ滞在中に武装した窃盗集団に襲われ、10億円相当の指輪などが盗まれたのだ。

 おりしも来週放送回の「カーダシアン家――」では、キムが当時の詳しい事情を語ることになっていた。その直前、今度はケンダルが被害者になってしまった。