26
March , 2017
Sunday


役にたたない英語おせーたる(164)スーパーマーケット

2017年3月18日(土)09時00分更新

 地の利のない土地で買い物をするのはたいへん。買い物と言っても、食料品のこと。

 必要なものが売られているかどうかも大切だが、grocery store(スーパーマーケット)との相性もあると思う。私はその点難しい。

 オハイオ州に住んでいたときは、主に4つのスーパーを用途に合わせて使っていた。produce(野菜や果物)はKroger(クローガー)、organic food(有機食品)やfrozen food(冷凍食品)、non-perishables(保存がきく食品)はTrader Joe’s(トレーダー・ジョーズ)、fish(魚)やmeat(肉)はWhole Foods(ホール・フーズ)、bulk purchase(まとめ買い)はSam’s Club(サムズクラブ)という具合。

 Krogerは全米一大きなチェーンスーパーで、オハイオが発祥ということもあり、かなり幅を利かせている。Trader Joe’sは小ぶりなスーパーで非常に買い物がしやすい。organic foodもお手頃価格で売られている。一方、Whole Foodsは何でも高い。fishにしろmeatにしろ、高いが出所がはっきりして、質がいい。Sam’s Clubは、Walmart(ウォールマート)の会員制スーパーというか卸売店である。

 ニュージャージーに引っ越して、お気に入りのスーパーを見つけるのに困った。そもそも、全米一でかいはずのKrogerがない。Trader Joe’sは30分も走れば2軒あるのだが、頻繁に出かけるには遠いし、日と時間帯によってはとんでもない混みようなのだ。駐車場は駐車待ちの車で身動きが取れず、店に入れば人であふれ返っているし、もちろんレジには長い行列である。駐車場から一般道に出るのも、これまた大渋滞…。レジで、”We are new here, and we were wondering if it is crowded like this every day.”(引っ越してきたばかりなんですけど、いつもこんなに混んでるんですか?)と、田舎者丸出しで聞いてみた。”Sunday afternoons are the worst. Please come during weekdays.”(日曜の午後は最悪です。週日に来てください)。週日に来れる人ならいいけど、ねえ。

 ネット検索の結果、比較的近所にShopRite(ショップライト)とStop and Shop(ストップ・アンド・ショップ)があることが分かった。行ってみた。う~む、どちらも私の性に合わない。ShopRiteは店のレイアウトがマズい。スーパーのレイアウトの基本は手前にproduceなのに、この店では奥に配置されている。買い物がしにくいったらありゃしない。一方、Stop and Shopは少し格が落ちるスーパーのようで、パッと見たところ、質がよろしくない。却下。

 普通のスーパーがだめならということで、“Asian grocery”(アジア食品)でネット検索してみたら、Food Bazaar(フードバザール)がヒットした。うさん臭い店かなと心配しつつ行ってみたが、取り越し苦労だった。店に入るなり、さまざまなproduceが山と積まれている。napa cabbage(ハクサイ)、bok choi(チンゲンサイ)、eddo(サトイモ)など、日本だと当たり前だが、こちらのスーパーではなかなか手に入らない野菜もある。さらに、produceの奥には魚屋が!陳列棚に新鮮そうな魚がずらりと並び、mackerel(サバ)のような青魚まで売られている。Salmon(サケ)とtilapia(テラピア)しか売ってない普通のスーパーとは大違いだ。即、私のお気に入りスーパーとなった。

 が、ふと気が付くと、流れているのはラテン音楽。お店の人たちが話しているのはスペイン語だ。ラテン系のスーパーなようである。あれ、”Asian grocery”でヒットしたスーパーじゃなかったっけ?

 ある日、夫が同僚の韓国系米国人から情報を得て帰宅した。”H Mart is apparently a Korean version of Walmart.”(Hマートってのが、韓国版ウォールマートらしい)。早速、出かけてみた。でかい!produce、fish、meatの品ぞろえがとにかくすごく、ある意味chaotic(カオス)だが、アジアのあの活気に満ちていて、夫婦そろって圧倒された。 この店も私のお気に入りに仲間入りした。

 この2店舗を知ってから、食卓が豊かなになった、というか、アジアになった。