28
April , 2017
Friday


◎血統予想 【中山11R・日経賞】【阪神11R・毎日杯】【中山10R・春風S】

2017年3月24日(金)01時38分更新

【中山11R・日経賞】

中山2500mでは有馬記念、日経賞を勝ち、昨年の有馬記念でも0秒1差の3着。ゴールドアクターにとってはベストの舞台であることは間違いない。種牡馬入り当初はあまり注目されておらず、繁殖牝馬に恵まれていなかったスクリーンヒーローではあるが、その中でもゴールドアクターの母ヘイロンシンの父はキョウワアリシバという超マイナー種牡馬。米国産の良血とはいえ、朝日CC3着がある程度の馬だが、ゴールドアクターには、2600mの松前特別で1秒6の大差で圧勝したこの馬のスタミナが受け継がれている。

◎ゴールドアクター
○レインボーライン
▲シャケトラ
△ディーマジェスティ
△ミライヘノツバサ
△ツクバアズマオー

【阪神11R・毎日杯】

◎サトノアーサー
○ガンサリュート
▲クリアザトラック
△アルアイン
△トラスト

【中山10R・春風ステークス】

◎ショコラブラン
○ドラゴンゲート
▲アトランタ
△ヒカリマサムネ
△チュラカーギー
△ベック