20
November , 2017
Monday


◎血統予想 【中京11R・高松宮記念】【中山11R・マーチS】【中山10R・常総S】

2017年3月25日(土)05時14分更新
Pocket

【中京11R・高松宮記念】

 重賞初挑戦となったシルクロードSでは早めに先頭にたったぶん、勝ち馬に差されてしまったセイウンコウセイだが、着差はわずかにクビ。祖母の産駒にタイキフォーチュン(NHKマイルC)、タイキリオン(NZT)、タイキダイヤ(クリスタルC)が、さらにタイキダイヤの孫にもクラリティスカイ(NHKマイルC)いる牝系。3歳春に活躍する一族としては出世が遅れたが、ここにきての充実ぶりは顕著だ。父アドマイヤムーンの代表産駒ハクサンムーンは6歳時に高松宮記念2着で、7歳時にもオーシャンS2着。これからの成長にも期待できる。

 ◎セイウンコウセイ
 ○メラグラーナ
 ▲レッツゴードンキ
 △フィエロ
 △レッドファルクス
 △シュウジ

 【中山11R・マーチステークス】

 ◎コスモカナディアン
 ○メイショウスミトモ
 ▲ディアデルレイ
 △ピットボス
 △ロンドンタウン
 △アスカノロマン

 【中山10R・常総ステークス】

 ◎ジョルジュサンク
 ○アップクォーク
 ▲ネイチャーレット
 △カレンリスベット
 △ゲッカコウ
 △マイネオーラム