22
June , 2017
Thursday


役にたたない英語おせーたる(165)永住権申請の経過報告

2017年3月25日(土)09時00分更新

 permanent residence(永住権)、通称green card(グリーンカード)申請の経過報告を。ほとんど定例報告になってる感があるけれど。

 住所変更したにもかかわらず、United States Citizenship and Immigration Services(USCIS=アメリカ合衆国市民権・移民局)のシステムが認識していなかったのか、指紋採取の通知が古い住所に送られてきた。そのため、雪の中を10時間半かけてオハイオ州まで車を走らせた、というのが前回までの話。

 指紋を取ってもらったオハイオ州のApplication Support Center(申請支援センター)の職員さんのアドバイスに従い、現在暮らしているニュージャージー州のfield office(地方事務所)に相談の予約を入れた。USCISにはカスタマーサービスがあって、ウェブサイトにも送られてくる通知にもその電話番号が記載されているが、そこに電話をかけても自動音声テープが流れるだけ。なので、自らfield officeに足を運んで、住所変更を確認することにした。

 この予約を入れるのも、実はひと苦労だった。予約はオンラインで行うのだが、2週間先までのみ。お役所なので、もちろん週末は予約を受け付けない。zip code(郵便番号)を入力すると最寄りのfield officeが表示される。”See Available Appointments”(予約可能日時を表示)をクリックすると、”Currently, there are no available appointments. Please check again tomorrow.”(現在、予約ができません。明日、再度ご確認ください)というメッセージが。なんじゃ、こりゃ?

 ブラウザーの調子がおかしいのかなと思い、違うブラウザーでも何度か同じ手順を繰り返したが、結果は同じ。”Please check again tomorrow.”とのメッセージどおり、翌日再チャレンジしたが、これまた結果は同じ。キツネにつままれた気分を味わった。3日目、朝起きてすぐに検索したら、カレンダーが表示され、2週間先に予約の空きがあることが分かった。「空きがあるとこういうふうに表示されるんだ」ということが分かった。予約はすぐに埋まってしまうのだろう。皆、朝一で先を争って予約を入れるのだなぁと想像する。しかし、ここのfield officeはどんだけ混雑してるんだ?! 

 2週間待って、予約当日、field officeに出かけたら、ビルの前にはセキュリティチェックを待つ長蛇の列ができていた。列を作る人たちの間から聞こえてくるのはスペイン語ばかり。警備員さんたちも英語とスペイン語のbilingual(2か国語を話す人)である。

  ようやくビルの中に入り、窓口で”I changed my address online, but the notice that I received doesn’t register my new address. I want to make sure that my address change has been properly processed.”(オンラインで住所変更したんですが、受け取った通知に新しい住所が記載されていません。住所変更がきちんと処理されているか確認したいんですけど)と説明すると、番号札を渡された。番号が呼ばれるまで座って待てというのだ。

 順番が回ってきたので、指示された別の窓口でさっきと同じように説明したら、サクサクっと私の情報を引っ張ってきて、”The system shows your new address. I don’t know why the notice came to your old address. But you should receive future notices at your new address.”(システム上は新しい住所になってますね。通知がどうして古い住所に郵送されたのかは分かりかねますが、今後は新しい住所に通知が行くはずです)とのこと。理由が分からないんじゃ根本的な解決にならないし、通知が新しい住所に送られてくる確証も得られないじゃないか。しかし、field officeの職員さんではこれ以上のことは何もできないのだろう。実際の事務処理を行っているのは、1200マイル(1931キロ)も離れたミズーリ州にあるUSCISの出先機関だし。

 というわけで、あっけなく面談終了。住所変更の確認は取れたものの、原因が分からず不安は残るが、どうしようもない。green card申請の次のステップは夫婦そろってのinterview(面接)のはずだが、その通知が現住所に送られてくることを祈るのみ!