27
June , 2017
Tuesday


ケンダル・ジェンナーのペプシCMにトランプ支持・不支持両方から猛批判

2017年4月5日(水)04時18分更新

 こんなはずじゃなかったのに…。4日から全米で放送されているペプシコーラのCMに登場した米人気セレブファミリー、カーダシアン家のスーパーモデル、ケンダル・ジェンナー(21)が、トランプ大統領支持者からも、反トランプ派からも大ブーイングを浴びているのだ。一体、どんなCMなのか――。

 映像はまず、大都市のビルの屋上でチェロを弾くイケメン男性を映し出す。その地上では多くの若者がプラカードを掲げて通りをデモ行進。まるでトランプ氏の大統領就任式直後の反トランプデモをほうふつとさせる演出だ。

 その近くでは、銀ピカのセクシードレスを着たケンダルがモデル撮影をしているが、デモに参加していたチェロ奏者の男性と目が合うや、突然、金髪のウィッグをかなぐり捨てて、デモの中へ。

 次の場面では、ペプシ缶を持ったケンダルがデモの先頭を歩きだし、道路を塞ぐ警官隊と対峙する。そして、1人の若い警官にペプシ缶を渡し、はじめは当惑した様子の警官が、やがてプシュッと缶を開けてグッと一口飲むと、デモ参加者から大歓声が起きる。

 画面には「力強く生きろ。もっと声を出し生きろ。今を生きろ」というメッセージと共に、ペプシのロゴが現れてCMを締めくくるという内容だ。

 1缶のペプシが“体制側”と“反体制側”を一つにするという趣旨だが、あまりに陳腐な映像表現にトランプ氏の支持層からも、不支持層からも批判が殺到。「ペプシよ、いいかげんにしろ!」「ケンダルってチープな女だな」などと米国のネット掲示板は炎上状態だ。

 ケンダルの「私はCMに起用されただけなのに…」とグチる声が聞こえてきそうだ。