28
April , 2017
Friday


G線上のホース 桜花賞 「伏兵は水掻き装備」

2017年4月8日(土)09時08分更新

阪神11R 桜花賞

桜花賞はパンパンの良馬場ならソウルスターリングとアドマイヤミヤビの2頭で堅いと思っていました。幸いにも桜花賞当日の降雨は無く晴れ予報。それでも金曜日から降り続いたせいで馬場の悪化は免れないでしょう。そうなれば少しは伏兵の台頭が有るかもしれません。自信度はあえて下げましたが、当日の馬場状態次第(悪ければ悪いほど)ではもっと上げて良いかもしれません。基本はやや重~重の時計の掛かる馬場を想定しています。あくまでも今週は馬場頼みの穴予想ですのでご参考までに。

※推奨馬の横に自信度を掲載します。
★★★★★…どんな人にも薦められるG線上のホース渾身の一鞍。
★★★★☆…当日で絶対に買いたいレース。筆者も入れます。
★★★☆☆…1日の中でも当てておきたい、核となるレース。
★★☆☆☆…ここから筆者はきちんとした額で馬券を購入しています。
★☆☆☆☆…無理をして買わなくても良いレベル。

【推奨馬】ゴールドケープ 自信度★☆☆☆☆

◎ゴールドケープ
○アドマイヤミヤビ
▲ソウルスターリング
△リスグラシュー
△レーヌミノル
△ミスパンテール
△カラクレナイ
△アエロリット

ゴールドケープを推せる理由は3走前の白菊賞のパフォーマンス。1頭だけ別の次元で重馬場を走り切っての完勝。これは完全に血統に依るもの。父ワークフォースは渋った馬場で底力を発揮するキングマンボの直系で、母父は欧州最強種牡馬のサドラーズウェルズ。母のジュエルオブナイルも母父デュランダルも不良や重で結果を残している。馬場がどこまで悪化したまま午後3時半を迎えられるかが問題。
とは言っても土曜日の阪神牝馬Sは重馬場ながら時計はある程度出ていた。馬場の回復が早くなれば、アドマイヤミヤビを頭に据える馬券で勝負。桜花賞に強いディープインパクト産駒が1頭しかいないレースだが、速い上りを使えないカワキタエンカでは足らない。アドマイヤミヤビの母母はウインドインハーヘアで、つまりはディープの母。右回りでGI勝ちが無いハーツクライ産駒でも買いたい。
馬券は当日の馬場を判断して買いたい。幸いにも当日の4Rと8Rは桜花賞と同条件。時計の出方や馬場、血統傾向の確認は怠らない様にする。最後にソウルスターリングはここまで優等生の競馬で強いの一言。血統の字面では渋った馬場も行けるはずだが、本質的にはスピードタイプで時計の出る馬場でこその馬。新馬戦の札幌戦は勝ったものの凡走の域を出ない。思わぬ敗退の可能性も頭に入れておく。

【純・推奨馬】

阪神10R 大阪-ハンブルグC  ヒルノデイバロー 自信度★★☆☆☆

※単複のみ推奨
 GIで負けたとしてもOP特別に戻ると相手弱化と厳しい流れを経験したせいで一気に変わり身を見せる事がある。これはどの時代でも大きな変わりは無い。ヒルノデイバローは2走前の阪急杯で2着。高松宮記念では勝負にならなかったが、2走前と同条件のOP特別なら巻き返せる。鞍上も騎手エージェント問題で手駒がない以上、「ポツン」の回数も減って来るのでは。

中山9R デイジー賞 コマノレジーナ 自信度★★★☆☆

※単複のみ推奨
 来週の皐月賞で密かに狙っているのがこの馬主・騎手・厩舎のトリオ。ただ確実性では今週の方。コマノレジーナの前走クイーンCは強力メンバーと初コースで12着惨敗。それでも中山のデビュー戦で他馬を置き去りにした末脚が忘れられない。父ドリームジャーニーは中山・阪神と急坂が有るコースが大得意だったし、この馬もそれを受け継いでいる。強い相手がいないここならばチャンスは大きい。