26
September , 2017
Tuesday


ちょいワル火遊び馬券【アンタレスS】【皐月賞】

2017年4月14日(金)02時30分更新
Pocket

アンタレスS(4月15日・阪神11R)

広いコースで本領発揮、ミツバ◎

近況充実のミツバに本命◎。前走の川崎記念は小回りコースで流れに乗れず④着に敗退したが、その前の2走では大逃げ圧勝、中団から抜け出し楽勝と広いコースなら持てるポテンシャルを遺憾なく発揮している。別定56kも有利だ。実績では断然のグレンツェントは今回58kを背負う。前走の東海S勝ちから3k増は他馬との比較で明らかに不利。評価を一枚下げて〇。東海Sで➁着だったモルトベーネが3番手評価の▲。勝つまではどうか?だが、この舞台で好時計勝ちがあり軽視は不可。一発逆転の可能性を秘めるのは昨年の当レースでアウォーディーに僅差で続いたアスカノロマンで特注★。押さえに△印4頭。

◎ミツバ

○グレンツェント

▲モルトベーネ

★アスカノロマン

△モンドクラッセ

△ロンドンタウン

△タムロミラクル

△ロワジャルダン

 

皐月賞(4月16日・中山11R)

仕上がり万全!スワーヴリチャート◎

共同通信杯からの直行組が3連勝中というデータの後押しもあるが、一週前追い切りと今週の最終追い切りの動きに一段と迫力を増したスワーヴリチャードに◎を打つ。発馬難と初コースという懸念要素はあるものの、そこはデビュー戦からのパートナー四位の手綱捌きに期待。これに迫るのがスプリングSを正攻法の競馬で快勝したウインプライト。最終週の荒れた馬場で父ステイゴールドの血が生きるとみて対抗○。▲はカデナ。時計的な物足りなさはあってもこの距離の重賞を連勝中の実績は十分争覇圏。スケール断然の牝馬ファンディーナは一気の相手強化に?が付き★に止めたが勝たれても納得の器には違いない。△印も展開次第で上位浮上がある混戦模様。

◎スワーヴリチャード

○ウインプライト

▲カデナ

★ファンディーナ

△アウトライアーズ

△サトノアレス

△アダムバローズ

△プラチナヴォイス